カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年02月01日

情熱の一杯になるのかな?「パープル・パッション」

「パープル・パッション」(Purple Passion)レシピ

材料
  ウオッカ・・・40 ml
  グレープ・ジュース・・・60 ml
  グレープフルーツ・ジュース・・・60 ml

作り方
  1. 全ての材料を氷を入れたコリンズ・グラスに注ぎ、ステアする。

スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

フルーティーながらも、さっぱりとした味わい。

カクテル名「パープル・パッション」を直訳すると「紫の情熱」ってことになるのですが、

見た目で、紫っぽい色合いなのでパープルはわかりますが、

パッションはどこからきたのでしょうか?

これを飲めば情熱的になる。

ってことなのでしょうかね。

まあ、グレープ・ジュースやグレープフルーツ・ジュースが好きな方にはちょっとテンションが上がるカクテルかもしれませんが、カクテルの名称は適当につけられていることが多いのであまり詮索しても、結局のところ「適当に名前を付けただけ」なんてことがよくあるので、名前はあまり気にせず、美味しく飲むのが正解だと思います。

ところで、グレープ・ジュースにアルコールを加えるということは、フレッシュな赤ワインに近いってことなので、そんな赤ワインにグレープ樹ルーツ・ジュースを加えるとこのカクテルのようになるのかもしれませんね。

って、言いながら、多分やってみることはないと思いますが、もしやって見ようなんて思われた方、ぜひ双方を飲み比べてみて味わいのレポートなんぞいただけるとありがたいです。
(自分でやれよって言わないでください。あまりやる気がないのでね。)

このカクテルで使う材料
スミノフ ブラック 40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

ドライな一杯「オールド・イングランド」

「オールド・イングランド」(Old England)レシピ

材料
  ウオッカ・・・30 ml
  ドライ・シェリー・・・30 ml

作り方
  1. 全ての材料をミキシング・グラスに入れ、ステアする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

すっきりとした辛口の一杯。

シェリー酒とはスペインのアンダルシア州カディス県ヘレス・デ・ラ・フロンテーラとその周辺地域で生産される酒精強化ワインのこと。

   酒精強化ワインとは、
   醸造過程でアルコール(酒精)を添加することで
   アルコール度数を高めたワイン。
   フォーティファイド・ワイン(fortified wine)とも呼ばれる。
   気温が高く温度管理が難しいブドウ栽培地域において、
   (ワイン生産地域と言っても良いかもね)
   酸化・腐敗防止など保存性を高める(これが一番の理由だと思いますが)
   と同時に、味わいに個性を持たせるために工夫されたものなのです。

酒精強化により、保存性保存性が良くなり長期の輸送に耐えるため、船便による遠国への輸出にも向いたものになったため、スペインから各地へと輸出されるようになり、シェリーの名前が世界的に広がっていったようです。
特にイギリス(イングランド)へは12世紀頃から輸出されていたようです。

このような歴史的背景からこのカクテルの名前が「オールド・イングランド」となったように私は思えるのです。

普通「オールド・イングランド」って名前からはウイスキーを使ったカクテルを思い浮かべてしまいますからね。
(私だけかな?)

まあ、ごちゃごちゃした蘊蓄のようなものを読むよりは、さっさと一杯飲んだ方が良いとは思います。

特にこいつはすっきりとした辛口なので、食前酒に向いていますよ。

このカクテルで使う材料
スミノフ ブラック 40度


ゴンザレス・ビアス ティオ・ペペ 15度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

あっさりすっきりカクテル「ウオッカ・コリンズ」

「ウオッカ・コリンズ」(Vodka Collins)レシピ

材料
  ウオッカ・・・45 ml
  レモン・ジュース・・・15 ml
  シュガー・シロップ・・・1 tsp.
  炭酸水・・・適量
  飾り:スライス・レモン、マラスキーノ・チェリー

作り方
  1. 炭酸水以外の材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. 氷を入れたコリンズ・グラスに注ぎ、炭酸水で満たす。
  3. 軽くステアし、レモンとチェリーを飾る。

スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

すっきりとして飲みやすい、さっぱり味カクテル。

古くからあるようなカクテルなのですが、由来はよくわかっていないのです。

でも、禁酒法が撤廃されて以降の時代のニューヨークで提供されていたことは確かだとされています。

まあ、それくらい昔から飲まれていたカクテルってことですね。

でも、ウオッカは無味無臭に近いので、レモン・ジュースを飲んでいるような感じになるお酒ですね。

私としてはウオッカとリジンで作る方が好きですね。

でも、その場合は「ウオッカ・コリンズ」ではなく「トム・コリンズ」って言うカクテルになってしまうのですけどね。

いずれにしろ、あっさりとした飲みやすいカクテルです。

いずれにしろ、シロップが入っているのでドライ好きな方には「砂糖は余分だ」なんて言われそうですが。

そこをグッと我慢して、お風呂上がりなんぞにグイッと飲んでいただくと、「おっ、いけるじゃないか」なんて言っていただけると思います。

なにしろ昔から連綿と受け継がれてきたカクテルなのですから、美味しさは折紙付きと言えるでしょう。

このカクテルで使う材料
スミノフ ブラック 40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

さむ〜い夜に あったか〜い一杯「ホーク・ショット」

「ホーク・ショット」(Hawk Shot)レシピ

材料
  ウオッカ・・・45 ml
  コンソメ・スープ・・・適量

作り方
  1. ウオッカをホット・グラスに注ぎ、スープを加えてステアする。

ホット用のグラスで飲んでください。

ベルギー・デュロボー社製【Durobor・IrishCoffee】アイリッシュコーヒー【アイリッシュコーヒーグラス/ホットカクテルグラス/カクテルグラス】

スープのようなカクテル。

このカクテルは、スープ用のお皿で供されることもあるようです。

つまり、温かいカクテルの1つだがお酒の入ったスープの1つとされることもあるということです。

寒い日にはマグ・カップにウオッカと熱々のコンソメ・スープを注いで、フウフウしながら飲んでも美味しいですよ。

もちろん身体もあったまりますしね。

お味の方は、コンソメ・スープ次第と言うところがあるので、ウオッカで薄まることを意識して、少し濃いめのコンソメを使うと良いようです。

あとは、レモンの風味を足したり、胡椒をぱらりとしてもいけますよ。

さあ、あったか〜いカクテルで、猛烈な寒波をやり過ごしましょう。

このカクテルで使う材料
スミノフ ブラック 40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

飛行機に乗った際に飲んでみたい「アビエイション」

「アビエイション」(Aviation)レシピ

材料
  ドライ・ジン・・・40 ml
  レモン・ジュース・・・10 ml
  マラスキーノ・・・10 ml
  バイオレット・リキュール・・・1tsp.
  飾り:マラスキーノ・チェリー

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぎ、チェリーを飾る。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

レモンの酸味がよく効いた一杯。

このカクテルは、1916年、ニューヨーク・ワリックホテルのバーテンダー、ヒューゴ・エンスリン Hugo Ensslin 氏が創作されたのだそうですが、詳しいことは調べられませんでした。

カクテル名の 「アビエイション」(Aviation)は、飛行とか飛行術とか航空ということらしいのです。
また、航空機産業を指して言うこともあるようです。

このカクテルは、1916年、ニューヨーク・ワリックホテルのバーテンダー、ヒューゴ・エンスリン Hugo Ensslin 氏の考案だとか。

そして、有名なサボイ・カクテル・ブックでバイオレット・リキュール抜きのレシピが掲載されたため、現在ではバイオレット・リキュール抜きのレシピが一般的になっているようです。

   バイオレット・リキュール抜きのレシピ
   ジン・・・45 ml
   レモン・ジュース・・・15 ml
   マラスキーノ・・・1 tsp

私としては、バイオレット・リキュール抜きではレモンの酸味が際立ちすぎるのではないか思いますが、皆さんはどう思われますか。

このカクテルで使う材料
ビーフィーター ジン40度


リーマーシュミット オレンジビター


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする