カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年07月02日

禁酒法の時代に思いを馳せ『アル・カポネ』


「アル・カポネ」 (Al Capone)レシピ

材料
  ジャック・ダニエル(ブラック)・・・30 ml
  ディサローノ・アマレット・・・15 ml
  モニカ(クランベリー・リキュール)・・・15 ml
  フレッシュ・ライム・ジュース・・・1 tsp.
  飾り:野菜、ライム・ピール、ブラック・オリーブ

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぎ、野菜、ライム・ピール、ブラック・オリーブでボルサリーノ(帽子)をイメージしたデコレーションを飾る。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

バーボンの味わいの中に、アマレットが心地よく香る。

このカクテルは『2001 Suntory Cocktail Competiton 』で2001カクテル・オブ・ザ・イヤー を受賞した、佐藤章喜氏の作品です。

バーボンにアマレットとクランベリー・リキュールを合わせて、味と香りの両方を追求したカクテルですね。

愉しいのは、グラスの縁の飾り。

オリーブを頭部に見立てて、野菜とライム・ピールでボルサリーノをかぶったアル・カポネを演出しています。

アル・カポネはいわずと知れたアメリカのギャング。

   アル・カポネ
   禁酒法時代に、シカゴで暗躍したギャングのボス。
   組織を指揮し、密造酒製造・販売、売春業、賭博業をして
   組織を拡大し、犯罪組織を統合近代化していったことで知られている。

ボルサリーノは帽子のメーカーでソフト帽の代名詞。
   ボルサリーノ社が、柔らかい(ソフトな)フェルト帽を販売するまでは、
   紳士帽子は堅く固めた製品であり、ソフトな帽子を初めて販売した事で、
   ソフト帽の代名詞となったのです。
   って言ってもどんな帽子かわからないですよね。
   ならば絵を見ればわかるってことで下の絵を見てください。
hat.png


さてさて、アメリカの禁酒法時代のことを考えながら、一杯飲みましょうか。

アル・カポネは禁酒法時代に酒の密売について、「俺は人々が望むものを与えてきた。なのに俺に返ってくるのは悪口だけだ」と言っていたそうです。

まっ、確かにお酒は望むところのものですが、禁酒法の時代には違法なものだし、ましてやギャングの資金源だった訳ですからね。

さて、呑兵衛諸氏は禁酒法時代に、モグリのお酒に手を出す方ですか?それとも手は出さない?

このカクテルで使う材料
ジャックダニエル ブラック


ディサローノ アマレット 28度


モニカ クランベリー (Aボトル) 20度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

雨の日に飲みに行くなら 靴に防水スプレーを


梅雨の時期に、雨でぐしょぐしょに濡れた靴で飲みに行くのは、ちょっと気分が乗りませんよね。


(リーガル) REGAL TY27A 220ml ウォータープルーフスプレー


そんな時には、靴に防水スプレーを。
(上の写真は私が普段使っているものです)

とは言うものの、防水スプレーには様々な種類が発売されています。

見た目は同じ同じ防水スプレーですが、2つのタイプがあるのはご存知ですか。

それは、シリコン系とフッ素系。

それぞれ性質が違うので注意が必要です。

   シリコン系
   素材の表面に膜を作り、水を弾くバリアを作ってしまう
   タイプ。通気性が無くなるので蒸れやすくなります。
   また、革靴などの革製品には不向きです。

   フッ素系
   細かい粒子で繊維の1本1本をコーティングするので、
   通気性を保つことが出来ます。水だけでなく、汚れや
   油を防ぐ効果も得られるので使い勝手もよい。
   革靴などにも使用可能です。

上記のような特徴があるので、革靴に使うのならフッ素系ということになりますね。

一度スプレーを振りかけると、その効果は1〜2週間ほど持続します。

なので、梅雨の間中防水効果を保とうとすると、ほぼ毎週手入れをしなければならないということになりますね。

本当は靴を買ったら、最初に履く前にまずは防水スプレーをかけるのが一番いいのですが、既に履いている靴の場合、まずは汚れを落とすところから始める必要があります。

汚れを落とさずにスプレーをかけると、汚れごとコーティングされてしまいます。

さのうえ、汚れが繊維の奥に入り込んで、汚れが落ちにくくなってしまう場合があるので注意して下さいね。

後は全体にまんべんなくふわっとスプレーしましょう。

ベタベタになるまで振りかけてしまうと、革に負担をかけてしまうのでふわっとで充分です。

挿して、完全に乾いてから履くようにしてください。

さあ、準備ができたら、美味しいお酒を飲みに行きましょう。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

雨の日に飲みに行くなら 雨用のビジネスシューズを


梅雨の時期はどうしても雨模様の中、外を歩き回ることも多くなりがち。

そして、雨でぐしょぐしょに濡れた靴で飲みに行くのは、ちょっと気分が乗らない。



そんな時には、雨に強い靴の出番です。

上の写真はリーガルシューズのモンク・ストラップ。

この靴ならビジネスシーンでも大丈夫。

なぜなら、水を通し難いゴアテックスという素材が使われているから。

水滴よりはるかに小さな孔が開いているゴアテックスは、水は通さないが水蒸気は通すという機能を持っているため、雨の日には最適な素材です。

でも、この靴はそれだけの特徴を持っている訳ではありません。

見た目通り、ビジネスシーンで十分に使えるモンク・ストラップというスタイル。

   ビジネス用というかフォーマルなシーンで履いてOKな靴は、
   ストレート・チップ、プレーン・トゥ、モンク・ストラップ
   の3種類。(覚えておいて損はないですよ)
   オペラ・パンプスもフォーマル用ですが、ビジネス用途には向かないので、
   省いておきましょう。

もちろん、甲革には牛革が使われています。

って、牛革だと手入れをちゃんとしなくてなならないのですが、そこは男の甲斐性。

いや、甲斐性というほど大げさではないのですが、靴の手入れは足元を見られないためにも必要なことです。

   「足元を見る」とは、「人の弱みを見抜き、それにつけこむこと」です。
   その語源は、昔の交通機関が発達していなかった頃、旅行者は自分の足で
   歩いて行動をしていました。そこから、駕籠かきや馬方という、人を運ぶ
   という職業(人)が発生してきたのです(初期の交通機関ですね)。
   その人たちは、旅人の足元を見て、疲れ具合を判断し、料金を吹っ掛けて
   いたそうです。まあ、タクシー・メーターのようなものなどない時代ですから、
   客とのやり取りで料金が決まっていたということですね。
   これが語源なのだそうです。

さあ、雨に強い靴を手に入れて、美味しいお酒を飲みに行きませんか。

足元を見られることもありませんよ。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

ウイスキーにチョコレートは鉄板の組み合わせ


ウイスキーにチョコレート。

これが好相性なのは皆さんよくご存知なこと。



6月24日にチョコレートのことを書いたばかりなのですが、今週ウイスキーのお供について書いていると、どうしてもチョコレートのことを書かなくっちゃ。

って、思って、書いてしまいました。

でも何故ウイスキーとチョコレートは相性がいいのでしょうか。

その答えは、

ウイスキーとチョコレートの香りと味わいが共通点としてあるから。

と言うことなのです。

例えば、チョコレートの甘味はウイスキーの原料である麦の甘味、苦味や渋みは熟成中にしみ出す樽材の風味と共通しているというところ。

他にも色合いや香りなど共通しているところがあるのです。

でもただ単純にチョコレートを食べながらウイスキーを飲むのじゃなくて、ウイスキーに合わせてチョコレートを選ぶとより美味しく愉しめるようです。

たとえばストレートでウイスキーを飲む時、カカオの風味たっぷりなチョコレートを。

オン・ザ・ロックで愉しむ時には、生チョコのようなクリーミーな感じのものや、オレンジの風味があるものを。

ハイボールなら、何にしますか?

いや〜、何と何を組み合わせるか考えるだけで美味しさが口中に広がるようです。

もちろん、ウイスキー自体の味わいで、それに合うチョコレートの種類も変わってきます。

是非、自分好みの組み合わせを見つけてください。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 酒肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

ウイスキーにドライ・フルーツは相性バッチリ


ウイスキー好きの方、おつまみには何を選びますか?


【創業60年 ドライフルーツ専門店 小島屋 】 7種類の ドライフルーツ ミックス 1kg ドライフルーツミックス ダイス カット


ドライ・フルーツはウイスキーとの相性がとても良いのです。

ナッツなどの乾きものとは違い、ドライ・フルーツにはフルーツの香りと甘さがあり、それがウイスキーによく合うのです。

そう、香りもそうなのですが、特に甘味がウイスキーとの相性を良くしてくれるのです。

でも、単純にドライ・フルーツなら何でも良いと言う訳ではなく、例えば、レモンやオレンジといった柑橘系と、プルーンやブルー・ベリーなどのベリー系では、味わいも食感も違うものなので、飲むウイスキーに合わせて選ぶ必要があります。

でも、
自分の好きなウイスキーに合うドライ・フルーツを探す、
美味しかったドライ・フルーツに合うウイスキーを探す、
なんてことを愉しむのもまた、
美味しくお酒を飲む一つの方法です。

ドライ・フルーツとウイスキーの素晴らしい組み合わせを探し求める旅で、素敵なウイスキー・ライフを愉しみませんか。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 酒肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする