カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年01月03日

身も心も暖かく「ルシアン・ティー」

「ルシアン・ティー」(Russian Tea)レシピ

材料
  紅茶・・・1 cup
  ジャム(好みの種類で)・・・20 g
  ウオッカ・・・2 tsp.

作り方
  1. 小皿にジャムを入れ、ウオッカを振りかける。
  2. 紅茶を淹れ、カップに注ぐ。
  3. 紅茶にジャムを添えて出す。

古伊万里の紅茶セットでどうぞ。

西海陶器 古伊万里金彩 ティーセット 11485

紅茶ジャムの美味しさに、ウオッカが暖かみを連れてくる。

お正月は暖かく過ごしたいですね。

ということで、あったかくなる飲み物をどうぞ。

「ルシアン・ティー」は、名前の通り酷寒の地ロシアで身体を温めるために飲まれているものです。

これをロシアの人はジャムをすぐに紅茶に入れるのではなく、
まず、そのジャムを味わってから(ウオッカを振りかけたジャムをそのまま食べるんです)紅茶を飲み、
最後に少し残ったジャムを紅茶に入れて飲むそうです。

紅茶は濃いめに、ジャムは手作りで、
が美味しさの秘訣だと思いますが、
手っ取り早く溺愛のもので愉しむのもいいのではないでしょうか。

身体があったまれば、それだけで少し豊かな気持ちになれそうですからね。

それではあったかいお正月をお過ごしください。

このカクテルで使う材料
スミノフ ブラック 40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

良い初夢を「ティアラ ナイトキャップ」

「ティアラ ナイトキャップ」(TEAra Nightcap)レシピ

材料
  ティアラ・ティー・リキュール・・・30 ml
  熱湯・・・100 ml

作り方
  1. ティー・カップにティアラ・ティー・リキュールを注ぐ。
  2. お湯で満たし、軽くステアする。

古伊万里の紅茶セットでどうぞ。

西海陶器 古伊万里金彩 ティーセット 11485

紅茶の香りに紅茶の味わい。でもやっぱりお酒。

初夢は「一 富士 二 鷹 三 茄子」

今回使うティー・リキュールは「ダージリン、ウバ、キーマン」の世界三大紅茶が原料。

しかも、着色料、保存料、香料無添加というもの。

是非一度はこの紅茶のリキュールを飲んでみてください。

本物の紅茶の味わいと香りが愉しめます。

こんなリキュールを飲んでしまえば、初夢も素晴らしいものになりそうですよ。


このカクテルで使う材料
ティー・リキュール TEAra(ティアラ)
TEAra.jpg

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

今年は富士山より高みを目指してみませんか「ヒマラヤン・シェルバ・ティー」

あけましておめでとうございます

本年もどしどし書いていきますよ。

と言うところで、本年第一のカクテルは「ヒマラヤン・シェルバ・ティー」。

そうです富士山より高いヒマラヤの名前がついたカクテルです。


「ヒマラヤン・シェルバ・ティー」 (Himalayan Sherpa tea)レシピ

材料
  紅茶・・・1 cup
  ロゼ・ワイン・・・1 tsp.
  葡萄(巨峰かマスカット)・・・2 粒
  グラニュー糖・・・1 tsp.
  熱湯

作り方
  1. 葡萄1粒を縦半分に切り、軽く潰して果汁ごとポットに入れる。
  2. ポットに紅茶の茶葉を加え、熱湯を入れ蒸らす。
  3. カップに残りの葡萄を縦半分に切って入れ、ワインを振りかけるように入れる。
  4. 出来上がった紅茶をカップに注ぎ、グラニュー糖を加えて混ぜる。

古伊万里の紅茶セットでどうぞ。

西海陶器 古伊万里金彩 ティーセット 11485

ヒマラヤの味(がするかな?)。

このカクテルは名前の通り、ヒマラヤ山脈地帯にすむシェルパ民族に伝えられている飲みものなのです。

ただし、民族の伝統に従ったレシピだと、どうしてもクセがあって美味しいとは言えませんが
(いやいや、クセがあるというのは我々の味覚からであって、シェルパ民族にとっては普段の味なのですが)、
高山病予防のためにビタミンCたっぷりの山葡萄の搾り汁と、ワイン、蜜(糖分)を身体を温めるための紅茶に入れて飲んでいるといえば納得できるでしょ。

ということで、今回のレシピは美味しく飲めるように少しアレンジされています。
(ワインは赤でもロゼでもOKですし、グラニュー糖や葡萄の量も好みに合わせてくださいね)

どうでしょうか、
今年の初カクテルはヒマラヤの味ですよ。

これを飲んだために
初夢が「一 ヒマラヤ、二 紅茶、三 ワイン
になってしまっても責任は取れませんので、覚悟して飲んでくださいね。

このカクテルで使う材料
サンタ・ヘレナ・アルパカ ロゼ


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

年越しのお酒はアナタの地元のお酒で

さて、大晦となりまsた。

今年一年いかがでしたか?

私は、11月になってから黄疸を発症して入院!

なんて散々な年で終わりそうです。

しかし!

終わり良ければすべて良し!

そうです、もう既に退院してお酒も飲み始めてるし、来年こそは素晴らしい年になりそうです!

ということで、年越しのお酒といきましょう。

そうです、年越しと言うと「蕎麦」なのですが、ここはやはり呑兵衛の習いで「年越し酒」といきましょう。

どんなお酒が良いかというと、地元のお酒

一番にくるのは一年間お世話になった地元、何たって一年間住んでいたのですから。

地元に敬意を表して地酒が一番です。

その次には、飲みたかったけれど飲めなかったお酒。



今年の私の場合は、上の写真
国泉 どなんクバ巻 60度」というお酒(泡盛)。

アルコール度数60度の花酒(はなざけ)です。

もろみを蒸留したときに最初(はな)にでて来たお酒ということで花酒と呼ばれ、日本で唯一、与那国の酒造所だけが製造を認められているのです。

「どなん」を醸している国泉泡盛では花酒をはじめ25度や30度、43度の泡盛も造っているので、いろいろと愉しめるのですが、やはり一度は60度を飲んでみたい。

と、思っています。

まあ、他のお酒でも飲めればいいんですけどね。

でも、お蕎麦屋さんで「ゆっくりと飲みながら年越し蕎麦でも」なんてことはやめましょうね。

一年で一番お蕎麦屋さんが忙しいときなのですから。

家で、除夜の鐘でも聴きながらじっくりと飲むのが一番ですよ。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

今年もあと少し 今年は何か新しいお酒を飲みましたか?

「初物七十五日」(はつものひちじゅうごにち)って知っています?

初物とは、旬のものや、その季節に出始めたばかりのもののことで、実りの時期に初めて収穫されたものや、旬を迎えて初めて水揚げされた魚介類などをいいます。
(初鰹や新茶のたぐいですね)



今年の私の場合は、上の写真で
日本盛 生原酒 大吟醸 ボトル缶 200ml」というお酒。

ファミリーマートが企画した商品で、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」へ行けば手に入ります。

私もこれで寿命が七十五日延びたと思います。

さあ、あなたも早速ファミマに行って寿命を延ばしませんか。

ところで、なぜ「初物七十五日で寿命が延びるのか」ご存知ですか?

実は、 七十五日寿命が延びる理由は、江戸時代の死刑囚の言動が始まりだと言われているんですよ。

江戸時代、死刑囚に対しては最後の温情として「食べたいものがあれば何でも与えてやる」という決まりがあったそうで、その時にひとりの死刑囚が所望したのは、季節外れの食べ物でした。

当時は季節外れのものなど、その季節が来るまでは手に入る訳もなく、決まりを守るために、初物が出回るのを待ったのだそうで。

結果、その死刑囚は七十五日生き延びることができたとさ。チャンチャン!

まあ、七十五日は適当な日にちだとしても、生き延びたことは確かで、このことから庶民の間では「初物を食べると七十五日長生きできる」といわれるようになったそうです。

起源はどうであれ、初物のお酒を飲んで、寿命を延ばすと言う、呑兵衛にとって天国のような話し。

是非、実現させてくださいね。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする