焼酎 (2): カクテル三昧 ー 酒の達人

2016年02月21日

飲みたいだけ飲める18リッターも入っている麦焼酎

長期貯蔵・長期熟成・樫樽貯蔵の麦焼酎「十一夢」を18リッター入りの箱買い。



蔵元直送で買える長期貯蔵の麦焼酎。
業務用の大容量焼酎だけれど、箱買いしてみませんか。

蔵元直送の良いところは、
注文を受けてから、
貯蔵していた焼酎を容器に充填して送ってもらえるところ。

出荷直前まで、熟成されていた焼酎が手元に届きます。
しかも特大容量。

いくら呑兵衛でもそう簡単には飲み干せません。


仲間を呼んで、皆で楽しく焼酎ナイトを愉しみませんか。


長期貯蔵・長期熟成・樫樽貯蔵★麦焼酎25°十一夢・麦 18Lキュービ(※1.8L換算1897円…


焼酎だけじゃなく、カクテルも愉しみませんか。
カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る


posted by 音吉 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

沖縄の宝を飲んでみませんか「泡盛 古酒」

沖縄のお酒と言うより、沖縄の宝と言いたい「泡盛 古酒」。



写真は、1979年に蒸留され貯蔵されてきた古酒「請福 1979」。
   「古酒」と書いて「クース」と読むのだそうですよ。

2012年の泡盛の日に限定300本のみ蔵出しされた貴重な逸品です。
手に入れば僥倖というべきかも。


かつて沖縄には沢山の古酒があったのですが、
第二次世界大戦の地上戦で、100年、200年といった超古酒は、ほとんどが失われたといわれています。
現在の沖縄で公表されている中で、もっとも古いと思われるのは、識名酒造にある約150年物といわれている古酒です。

そうです、貴重な古酒のほとんどが失われたのです。

しかし、戦争で一度途絶えた泡盛の古酒文化を復興させようと、個人で古酒を育て続けている方々も数多く、
古酒名人で知られる沖縄本島北部の本部町の謝花氏は、戦後まもなく昔ながらのシャム南蛮甕を使って古酒造りを始め、今では50年以上の古酒を所有していることで有名です。
(そう、現在のところ、年月を重ねた多くの古酒は個人の所有なのです)


また、1997年に泡盛好きのメンバーが集まって組織された「100年古酒元年」という団体は、毎年3石(一升瓶300本)の泡盛を貯蔵し、100年後に開封して分け合おうという壮大な計画を実行中です。
とはいえ、飲めるのはメンバーになった方ではなく、子や孫、あるいは曾孫になってしまうのでしょうが、
そのロマンあふれる計画に魅了された参加者は、この10年間で8千人を超えたのだそうですよ。


ウイスキーやブランデーなどの洋酒にも20年、30年クラスの古酒があります。
しかし、洋酒と泡盛の古酒は、次の点で大きな違いがあります。
   洋酒は原則として樽に貯蔵され、
   樽からバニラの香りやスモーキーな香りなどの
   さまざまな成分をもらって熟成し、
   古酒になっていく。
   (ウイスキーのあの琥珀色も樽のおかげだそうです)

   泡盛は、泡盛に含まれる成分そのものが、
   長期熟成することによって、物理的変化、科学的変化を経て
   香味成分などに変化していき、まろやかで、甘い香りを醸し出す。

このため、樽の力をもらって古酒になる洋酒は、樽から出して瓶詰めすると熟成はほとんど進まないのです
一方、泡盛は、自らの成分そのものを変化させて古酒になっていくので、瓶詰めしたあとでも熟成(古酒化)が進むのです。

なので、家庭でも泡盛の古酒を育てることが可能なのですよ。


さて、泡盛はどれくらい熟成させれば古酒といえるのでしょうか。
それには規定がちゃんとありまして、
現在の規定では、3年以上熟成させた泡盛が、全量の50%を超えていれば「古酒」と表記してよいことになっています。
また、蒸留して3年未満の泡盛は「一般酒」と呼ばれ、いわゆる日常で手頃に飲める泡盛として幅広く流通しています。
つまり、「古酒」とだけ表記されている泡盛は、3年以上の古酒と一般酒のブレンドといえます。

そのような古酒を表す言葉に、
「古酒は単に沖縄の銘産で片付けては勿体ない。どこから見ても沖縄の宝の一つだ」
というものがあります。
琉球国の最後の国王である尚泰の四男、尚順男爵(1873〜1945年)の言葉です。
尚順男爵は、食文化から芸術、芸能まで幅広い鑑賞眼を持つ文化人として知られ、その言葉は「松山王子遺稿集」にまとめられていますが、冒頭の一文はその中で述べられている言葉です。


ところで、我が家にも古酒がありまして、
しかも、3年もの、10年もの、21年ものと取り揃えております。

内10年ものは購入してから5年経っているので、15年ものとでもいえます。
(瓶詰めされてからも熟成が進むので)

まあ、どんだけ泡盛が好きやねん。
という感じなのですが、
実は泡盛だけでなく他にもいろいろとお酒はあるのです。
でも、今回は泡盛のお話だけで・・・。


また、泡盛は蒸留酒であり、幅広い飲み方が愉しめるのが特徴です。
(ウイスキーやジンなどと同じですね)

沖縄のスタンダードな飲み方は水割りなのですが、
そのままストレートで飲んだり、オン・ザ・ロックや、炭酸で割ったり、お湯で割ったりといろいろと愉しめます。
カクテルでも愉しめるので、自分好みの飲み方を探してみてください。


【本数限定】三十三年秘蔵古酒 請福「1979」 35度200ml【RCP】02P01Jun14…


泡盛飲むなら、カクテルもどうぞ。
カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

出た〜!泡盛の新製品「よっかこうじ」

昔から作られ続けている泡盛。
そんな泡盛に新製品が出ました。




その名も「よっかこうじ」。

名前の由来は、通常2日間かけておこなう「製麹」という工程を、倍の4日間かけて行っているところから。

  4日かけることの最大の狙いは、
  お米の中まで黒麹菌を最大限にはやす(食い込ます)こと。
  それによって、酵素力がさらに上がり、
  泡盛の味や香りの元となる成分を多く作りだすことができる。
  これが、アルコール度数が43度もありながら、
  香りが柔らかく、すっきりとした味わいの泡盛が出来上がる秘密なのです。


結果、フルーティーで華やかな香り、洋ナシのような甘みを感じることができる、新しい・美味しい泡盛が誕生したのです。


新製品のようですが、
実は、2013年4月に数量限定で発売されていたんですね。
いや〜知りませんでした。


この「よっかこうじ」他にも秘密が、
・胞子を出さない麹造り
  通常の麹造りでは、黒麹菌が胞子を出して黒くなります。
  その胞子がでるとお米の中へ食い込む力が弱くなるため、
  胞子がでないよう徹底的に管理。
  その結果、お米がボロボロになるほどお米の中まで黒麹菌が食い込んだ
  白い麹ができあがるというわけ。

・一度は廃止された「シー汁浸漬法」を復活
  シー汁とは米のとぎ汁。
  このシー汁に、米を10時間浸漬。
  これにより、とぎ汁に含まれる乳酸菌などの働きで麹菌が食い込みやすくなる。

てなことをやっているそうです。
麹菌の働きを最大限に引き出そうということでしょうね。

う〜ん、書いているだけで飲みたくなってきました。


以前、泡盛「於茂登」(おもと)を作っているを見学させてもらったことがあるのですが、この「よっかこうじ」を作っているところも見学してみたいですね。

  「於茂登」・・・高嶺酒造所(石垣島)
  「よっかこうじ」・・・忠孝酒造(沖縄本島)


泡盛が好きな方も、飲んだことがない方も、
この新しい泡盛、試してみませんか。


「よっかこうじ」を使ったカクテルもあるので、
今後紹介していきますね。


 




美味しいカクテルを楽しんでください。
カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。






高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに毛高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」



美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。



私がよく飲むワインは「サンタ・ヘレナ アルパカ」です。コストパフォーマンス抜群
でも、高級ワインじゃありません。普段飲みできるワインです。

  ワインの購入は、専門店が間違いないでしょう。
  ワインセラー専門店 セラー専科
  京橋ワインリカーショップ

  深くて優しい☆イーエックス・ワイン

  ワインオープナーやグラスなど小物が一杯


  ワインにはチーズが私流。
  

  お酒の購入もネットなら配達してくれます。
  なんでも酒やカクヤス 約200品目を一斉値下げ!お得な商品多数あり

酒がうまい!って、ついつい飲み過ぎてしまうことってありませんか?
そんなときには「ウコン」がよく効きます。(いや ほんとに効きます)
私は、普段「ウコンの力」を飲んでいるのですが、
ウコンの力顆粒はドリンクタイプより手軽です。一度試されてはどうでしょうか。


人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

いただいた黒糖焼酎を早速飲んでみた「しまっちゅ 伝蔵」編

この間、いただいた黒糖焼酎 6種類のうち、「しまっちゅ 伝蔵」を飲んでみました。


黒糖焼酎_4.jpg


味が濃い!

コクがあって、うまみが強い。
しかも甘みも感じられます。

「本格派」と言っていいのか、あるいは「昔ながらの」と言うべきなのか、
とにかくどっしりとした焼酎らしさが味わえました。

黒砂糖を肴に味わうのが美味いらしいので、
今度はそれで飲んでみたいと思っています。

そして、意外なことにペペロンチーノに合うらしいのです。
一度試してみませんか。


ところでこの焼酎、飲んでいると喜界島に行きたくなりますよ。
そうです「しまっちゅ 伝蔵」は奄美諸島の喜界島で作られているのです。


飲みたくなればお取り寄せできますよ。
喜界島 しまっちゅ伝蔵 30度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。





美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。

お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。興味があれば覗いてみてください。(二日酔いには水を飲むのが一番手っ取り早い対処方法だと思います)

酒に音楽にミネラルウォーターと、好きなことばかりなのですが、これでは身の回りが全然美しくならないので(雑然としているだけです)、せめて花でも飾ろうと考えています。そこで花について(特に長持ちする花について)調べたことをブログ「暮らしに花を」にしてみました。家中に花を飾ろうと思われた方は一度お立ち寄りください。

こんなリースでクリスマスを。






私がよく飲むワインは「サンタ・ヘレナ アルパカ」です。コストパフォーマンス抜群
でも、高級ワインじゃありません。普段飲みできるワインです。

  ワインの購入は、専門店が間違いないでしょう。
  ワインセラー専門店 セラー専科
  京橋ワインリカーショップ

  深くて優しい☆イーエックス・ワイン

  ワインオープナーやグラスなど小物が一杯


  ワインにはチーズが私流。
  

  お酒の購入もネットなら配達してくれます。
  なんでも酒やカクヤス 約200品目を一斉値下げ!お得な商品多数あり

酒がうまい!って、ついつい飲み過ぎてしまうことってありませんか?
そんなときには「ウコン」がよく効きます。(いや ほんとに効きます)
私は、普段「ウコンの力」を飲んでいるのですが、
ウコンの力顆粒はドリンクタイプより手軽です。一度試されてはどうでしょうか。


人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


トップへ戻る
posted by 音吉 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

黒糖焼酎を頂いたのですが これが美味い!

この間、黒糖焼酎をいただきました。
今まで黒糖焼酎は飲んだことはなかったので、早速頂いたものをゴクリ。

いや〜 美味しいですね。
また、好物が増えました。

「お酒なら何でもいいんじゃないか」なんて言わないでくださいね。


いただいたのはこの6本。

黒糖焼酎_1.jpg 黒糖焼酎_2.jpg
黒糖焼酎_3.jpg 黒糖焼酎_4.jpg
黒糖焼酎_5.jpg 黒糖焼酎_6.jpg


どうです、美味しそうでしょ。

いや、本当に美味しいんです。

飲んでみたレポートは後日ということにさせていただいて、
まずは黒糖焼酎がどういうものかを調べてみました。

黒糖焼酎とは、
  鹿児島県の奄美群島で造られている、
  米麹とサトウキビからとれた黒砂糖を原料に醸造し、
  単式蒸留した本格焼酎。

  酒税法と関連する省令によって含糖物質(砂糖、蜂蜜、メープルシロップなど)を
  使って黒糖焼酎が作れるのは奄美群島に限られているそうです。

  奄美群島の特産品なのですね。

  いつ頃から作られていたのかは不明なのですが、
  1623年ごろより、奄美群島から薩摩藩への焼酎献上が行われていたことが、
  文献に残されているそうです。
  (その原料は不明なんだそうですが)
  江戸時代後期の「江戸買物独案内」に「砂糖せうちう」が
  銘酒として挙げられているので、この頃には一般的に知れ渡っていたようです。

  飲み方は様々で、
    ストレート、オンザロック、水割り、お湯割り、
  ウーロン茶割り、ソーダ割り、サワー、
  牛乳割り、コーヒー割り(沖縄の泡盛と同じですね)。
  鹿児島県で栽培が盛んなタンカン、スモモなどの果汁を加える。
  喜界島では特産の花良治みかんをスライスして沿えたり、
  果汁で割ったりもされる。
  そして、奄美群島独特の飲み方として、
  パッションフルーツの実を切って猪口代わりにし、
  中の果汁や種とともに飲む方法もあるんだそうです。

パッションフルーツをつかって飲む方法は一度味わってみたいですね。



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。





美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。

お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。興味があれば覗いてみてください。(二日酔いには水を飲むのが一番手っ取り早い対処方法だと思います)

酒に音楽にミネラルウォーターと、好きなことばかりなのですが、これでは身の回りが全然美しくならないので(雑然としているだけです)、せめて花でも飾ろうと考えています。そこで花について(特に長持ちする花について)調べたことをブログ「暮らしに花を」にしてみました。家中に花を飾ろうと思われた方は一度お立ち寄りください。

こんなリースでクリスマスを。






私がよく飲むワインは「サンタ・ヘレナ アルパカ」です。コストパフォーマンス抜群
でも、高級ワインじゃありません。普段飲みできるワインです。

  ワインの購入は、専門店が間違いないでしょう。
  ワインセラー専門店 セラー専科
  京橋ワインリカーショップ

  深くて優しい☆イーエックス・ワイン

  ワインオープナーやグラスなど小物が一杯


  ワインにはチーズが私流。
  

  お酒の購入もネットなら配達してくれます。
  なんでも酒やカクヤス 約200品目を一斉値下げ!お得な商品多数あり

酒がうまい!って、ついつい飲み過ぎてしまうことってありませんか?
そんなときには「ウコン」がよく効きます。(いや ほんとに効きます)
私は、普段「ウコンの力」を飲んでいるのですが、
ウコンの力顆粒はドリンクタイプより手軽です。一度試されてはどうでしょうか。


人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


トップへ戻る
posted by 音吉 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。