お犬様に乾杯「ブラック・アンド・タン」: カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年05月29日

お犬様に乾杯「ブラック・アンド・タン」


「ブラック・アンド・タン」 (Black and Tan)レシピ

材料
  ビール・・・1/2
  黒ビール・・・1/2

作り方
  1. ビア・グラスに、ビールを注ぐ。
  2. バー・スプーンの背をグラスの内側にあて、バースプーンの背を伝わるように、ゆっくりと黒ビールを注ぐ。

脚付きの少しお洒落なグラスでどうぞ。

カガミクリスタル ビアグラス 380cc KW190-2528

黒ビールのコクとうまみが残りながらも、普通のビールの切れの良さが味わえる。

ビールが美味しい季節になってきましたね。
(ビール好きの方には年中美味しんでしょうが)

気温は高いけれど湿気の少ないこのごろは、味が分からなくなるほど飲み物をキンキンに冷やす必要もないので、ビールの美味しさがよくわかると思います。

さて、今回のカクテル「ブラック・アンド・タン」 は普通のビールと黒ビールを丁寧に注いで、2つのビールの層をグラスの中に作りだしたものです。

ブラック・アンド・タンのブラックは「黒」、タンとは「褐色」の意味でベージュや濃い茶色が混ざっている色のことです。

これは、黒毛のダックスフンドやドーベルマンのような毛色の犬種のことを言い表す言葉であり、ブラック&タン、もしくはブラックタンと言われています。

その犬種を表す言葉「ブラック・アンド・タン」をカクテル名にしたのは、上述のように、「ビール」と「黒ビール」の比重の重さを利用して上手く注ぐと、グラスの中で黒色と茶色の2つの層に分かれ、その色合いが犬種の色のように表現されるところからなのです。

飲むだけなら、ビールと黒ビールが混ざり合っていても何ら問題はないのですが、「ブラック・アンド・タン」 と言うからには、2色のビールが層を成すように上手く注いで作ってくださいね。

ところで、ブラック・アンド・タンで使う2つのビールに明確な決まりはありませんが、というか、お好きなビールを使えば良いのですが、伝統的にはペール・エールとスタウトを使うのが本筋のようです。

でも、同じメーカーのビールと黒ビールを使ったり、国産のビールと輸入物の黒ビールを使ったり、とかして愉しんでみるのもアリですよ。

このカクテルで使う材料
サッポロ エビスビール 小瓶 334ml


サッポロ エビス プレミアムブラック 小瓶 334ml


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。