三脚か一脚かそれが問題か?: カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年05月27日

三脚か一脚かそれが問題か?


カメラを趣味とされている方はほぼ持っているであろう三脚。

いや別に趣味にしてなくても持っている方がいるのがカメラ用三脚。

そして三脚では場所を取りすぎる時に活躍するのが一脚。

確かに一脚は便利なのですが、それだけでは自立しないのが弱み。




そんな時には迷わずにこれ!

ベルボンの「ポールポッドV」。

一脚と三脚のどちらとしても使用できるうえ、脚をフラットにすることで人混みでも設置しやすいポールポッドとしても使える。撮影シーンに合わせて自在に変形・組み換えが可能というスグレモノ。

一脚の取り回しの自由さと三脚の安定性を併せ持つ上に、ポールとしても使えるのは本当に便利。

私が持っているのは、ベルボンの大型三脚と LUMIX のブランドが印刷されているミニミニ三脚。

今後屋外へカメラを持ち出して撮影行にでも出掛ける際にはこの「ポールポッドV」を手に入れようと思っています。

でも、デジカメを手に入れてからは大掛かりな撮影行なんてしなくなりました。

フィルムカメラの時代には、ザックに機材を詰め込み、三脚を括り付け、山に登って撮影、なんてことをよくしていたのですが。

その頃には、フィルムの現像や印画紙への焼き付け、さらにはパネルの製作までしていましたね。

還暦も過ぎた今となっては、一眼レフカメラとその機材をザックに詰め込んで山を登るなんて、とても体力が持ちません。

さらには、フィルム一本フルに撮影しても、現像してみるとまともに取れているのは一枚だけ。

なんてのが当たり前だったフィルムカメラの時代には考えられなかった、デジタルカメラの利便性。
   何枚でも取り巻くって、よく取れた一枚だけを残し
   あとは消去してしまえる、しかも撮ったその場でできるなんて
   フィルムカメラの時代には考えられませんでした。

今後屋外へカメラを持ち出して撮影行に出掛けるなんて、あるのでしょうか。

ちょっと疑問です。

でもね、山に登って、テントを張って、夜更けに一杯やるのは、本当に酒が美味いひと時でした。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。