「俳句は老人文学ではない」そうです: カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年03月28日

「俳句は老人文学ではない」そうです


室生犀星が「俳句は老人文学ではない」と主張しているのですが、氏は俳人ではなく、詩人であり小説家なのですよ。

それなのに「俳句ほど精神に若さ初々しさを持つてゐる文学はすくない。」などと書いているのです。

それ以外にもいろいろと書かれているので、もし俳句は年寄りくさいなどと思われているのなら、読んでみていただきたいものです。

ひょっとすると、俳句を創りたくなるかもしれません。

そうなれば、年寄りとか若過ぎるとか言わないで、黙って一句ひねりましょう。



posted by 音吉 at 21:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。