いや明治時代の人は凄い「人生の楽事」: カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年03月23日

いや明治時代の人は凄い「人生の楽事」


福澤諭吉著「人生の楽事」は読めば読むほど凄さが迫って来るように思えます。

著者は、武士であり、蘭学者であり、啓蒙思想家であり、教育者であり………慶應大学の創始者。

そして、数々の業績をあげたことから、明治の六大教育者とされています。

そのような方の「人生の楽事」とは。

いや、驚かされます。

このような方がおられたのですね。

幕末から明治にかけての社会情勢が背後にあったのかもしれませんが、凄い方です。

翻って、今の国会議員の中でこのような方は何人おられるのか・・・?

一万円札の肖像になっているのも納得です。



posted by 音吉 at 22:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。