この字があるとどうしても読みたくなるのです「酒」: カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年03月20日

この字があるとどうしても読みたくなるのです「酒」

タイトルに惹かれてついつい読んでしまいました。
正岡子規の「酒」。

柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺
有名な俳句ですが、
この作者が酒について書いてるとあれば、呑ん兵衛としては読みたくなって当たり前だと思います。(と自己弁護)

内容はというと、
まあ、日記みたいなもので、取り立ててああだこうだと言うものではないと思います。

ごく短い文章なので、読まれてみてもいいと思いますよ。



posted by 音吉 at 19:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。