こいつが一番いける いい気分になれる「ヘミングウェイ・ジン・トニック」: カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年04月26日

こいつが一番いける いい気分になれる「ヘミングウェイ・ジン・トニック」

「ヘミングウェイ・ジン・トニック 」(Gin & Tonic Hemingway Style)レシピ

材料
  ドライ・ジン・・・45 ml (1/4)
  トニック・ウォーター・・・135 ml (3/4)
  ライム・・・1/4 個
  アンゴスチュラ・ビターズ・・・2〜3 dashes

作り方
  1. タンブラーにライムを絞って、そのままグラスに入れる。
  2. 氷を入れ、ジンを注げ、ビターズを振りかける。
  3. トニック・ウォーターで満たし軽くステアする。


スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)


ビタースの苦味が味を引き締め、すっきりとした味わいのジン・トニックに。

このジン・トニックにヘミングウェイの名前がついているのは、

ヘミングウェイの小説「海流の中の島々」に登場するから。

「海流の中の島々」の主人公で画家のトマス・ハドソンが、
   「ジンを入れる酒の中じゃ、こいつが一番いける。
   いい気分になれる。」とジン・トニックに
   アンゴスチュラ・ビターズを数滴垂らし
   バーテンダーに作らせた
という一節があり、
ヘミングウェイ自身もこのジン・トニックを好んで飲んでいたそうです。

なので、
これからジン・トニックを飲む時には、
文豪にあやかって、ビターズを数滴落としてみませんか。

ひょっとすると、文学作品を書けるようになるかも。
(いや、飲んだだけで書ける訳がないか)

まあ、ジン・トニックにこだわらず、「海流の中の島々」には他にもお酒が登場するので、それらを制覇するのもまた一興かと思います。

このカクテルで使う材料
ビーフィーター ジン40度


アンゴスチュラビターズ 44.7度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449328423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック