「やっぱり燗酒」温度による燗の呼び方: カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年03月05日

「やっぱり燗酒」温度による燗の呼び方

酒を燗する時、何でもかんでも「熱燗」って言ってませんか?

sake_2.png


お酒の燗はその温度によりいろんな呼び方があります。

燗する時の温度による呼び方と温度、そしてその目安と味と香りの変化具合。
(ついでに冷やした場合の呼び方も・・・冷やすと味や香りは薄れていきます)

雪冷え(ゆきびえ):5度
花冷え(はなびえ):10度
涼冷え(すずびえ):15度
常温(じょうおん):20度・・・いわゆる「冷や」
日向燗(ひなたかん):30度・・・温度の高さを感じないくらい
   ほんのり香りが引き立つ
人肌燗(ひとはだかん):35度・・・さわると温かく感じる
   味にふくらみがある米や麹の良い香りがする
ぬる燗:40度・・・熱くはない程度
   香りがよく出る
上燗(じょうかん):45度・・・注いだときに湯気が出る程度
   引き締まった香りを感じる
熱燗(あつかん):50度・・・徳利から湯気が生じるさわると熱く感じる
   キレの良い辛口 香りがシャープになる
飛びきり燗(とびきりかん):55度・・・徳利を持つと熱いくらい
   シャープな香りで、より辛口になる

何と、お酒の温度により呼び方が10種類!もある。
こんなお酒があるのは日本だけでしょう。

   中国の紹興酒も燗をして飲むお酒ですが、
   燗の温度による呼び方があるなんて聞いたことがない。

燗の温度を測るには、専用の温度計がありますよ。

おかんメーター


これだけ名前が細分化されているのだから、燗に関する言葉も勿論ある。

例えば、
   燗映え(かんばえ)する/燗あがりする
   ・・・温めるとと一段と味わいが深まり、旨さが増すこと
   燗冷まし(かんざまし)
   ・・・燗をしたあと、冷えたお酒
   燗崩れ(かんくずれ)
   ・・・燗冷ましになったとき、香りや味のバランスが崩れてしまった状態

そして、燗の温度を細かく区切っているということは、
清酒は燗をして飲むのが普通であるということです。

あっ、濁り酒も燗をすれば美味しくなるそうですよ。
(私はまだ試したことがない)


では、元々日本では燗をしてお酒を飲んでいたのでしょうか?
   お酒の始まりと同じかは判りませんが、
   お酒を燗にして飲む風習は、縄文後期に
   底が尖った土器を熱い灰に突き刺し、
   酒を温めていた飲んでいた、と言われています。
   平安時代には、貴族たちが秋から翌春まで燗酒を愉しんでいたようです。
   庶民がお酒を燗して飲むようになったのは、江戸時代の中期あたり。
   江戸初期の儒者、貝原益軒が著書『養生訓』に
   「凡そ、酒は夏冬とも冷飲、熱飲よろしからず温酒を飲むべし」
   と書いたことにより広まったとされています。


さて、ここまで書き進めてくると、無性にお酒が飲みたくなってきました。
早速燗をして飲みましょうか。
と思ったとき、
どのようにしてお酒を燗しますか?

普通は徳利にお酒を入れて湯煎するのですが、
もう飲みたくて飲みたくてたまらない時は、ゆっくりとお酒が温まってくるのも待ち遠しいもの。

そんな時は電子レンジで「チン!」しましょ。

電子レンジで温めようが湯煎で温めようが、お酒の味にあまり変わりはありませんが、一つだけ気をつけなければならないことが。

それは、電子レンジで温めると徳利の中で序実に温度差ができてしまうこと。

原因は徳利の形状によるもので、細いところやとがった部分は電磁波が集中する(密度が高くなる)ため局部的に温度が高くなること。
つまり徳利の首の部分のくびれが問題な訳です。

これを避けるため、酒造会社が電子レンジ対応の徳利を開発したりしています。
   外形は尖った部分をなくし局部的な過加熱が起こらなくし、
   丸型の形状にして内部では対流が起こりやくしている。
   さらに徳利の底を上げマイクロ波が当たりやすくする、
   などの工夫がなされている。


月桂冠 電子レンジ対応型徳利(280mL)


また、まんべんなく電磁波が当たる片口を使う方法もありです。

それでは早速
チン!
して飲みましょう。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447561994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック