ボージョレはヌーボーだけじゃない: カクテル三昧 ー 酒の達人

2015年11月01日

ボージョレはヌーボーだけじゃない

今年2015年のボージョレ・ヌーボー解禁日は11月19日の木曜日。



でも、ボージョレはヌーボーだけではないのです。

いや、ヌーボーよりも普通のワインの方が美味しいのです。


ということで、
ボージョレの美味しいワインのご紹介。

ボージョレは大きく分類すると、ブルゴーニュ地方の一角なのですが、
いわゆるブルゴーニュ地方のワインと味わいは大きく異なります。

なぜか?
それは栽培しているブドウの品種が異なるからなのです。

ブルゴーニュ地方のほとんどの地区で赤ワインはピノ・ノワール種、
対してボージョレ地区はガメイ種というブドウ品種、
からワインが作られます。

ボージョレ地区でガメイ種が栽培されるようになった謂れはさておいて、
ブルゴーニュ地方で最も南に位置しているボージョレ地区は、
気候が温暖で地質は花崗岩が主体であり、ガメイ種とは非常に相性がよく、
とても良いブドウが実るのです。

そんなボージョレですが、やはり格付けはされており、
格付けの高い順に
   クリュ・ボージョレ
   ボージョレ・ヴィラージュ
   ボージョレ・シュペリュール
   ボージョレ
となります。

最高格付けのクリュ・ボージョレは10の村で、名前は以下の通り。
   Brouilly(ブルイィ)
   Chenas(シエナス)
   Chiroubles(シルーブル)
   Cote de Brouily(コート ド ブルイィ)
   Fleurie(フルーリー)
   Julienas(ジュリエナス)
   Morgon(モルゴン)
   Moulin a Vent(ムーラン ナ ヴァン)
   Regnie(レニエ)
   Saint Amour(サン タムール)

ボージョレを愉しみたい方、
ヌーボーではなく、クリュ・ボージョレを選んでください。

と、偉そうなことを言っていますが、
私は「ムーラン ナ ヴァン」しか味わったことがありません。

そして、次には「モルゴン」を味わってみようと思っているのです。

で、私のお勧めボージョレは「モルゴン」。
(まだ飲んで実以内のにお勧めする厚かましさはご容赦ください)
(というか、私が飲みたいもので・・・)

モルゴン コート デュ ピィ シャトー ド ベルヴュー ルイ ジャド 2005 赤


さすが最高格付けだけあって、お値段もそれなり。

でもビンテージを変えると、少しはリーズナブルになってくるので、
飲んでみようと思われた方、こちらの方が手を出しやすいと思います。
モルゴン コート デュ ピィ シャトー ド ベルヴュー ルイ ジャド 2007 赤


ワインだけではなく、美味しいカクテルを愉しみませんか。
カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。