コーヒー・リキュールを自分で作ってみよう: カクテル三昧 ー 酒の達人

2013年10月19日

コーヒー・リキュールを自分で作ってみよう

「カルーア」に代表されるコーヒー・リキュール。
好きな方も多々おられると思いますが、
そんなコーヒー・リキュールを自分で作ってみませんか。


材料
  コーヒー豆(焙煎済み)・・・100 g
  ホワイト・リカー・・・1.8 L
  氷砂糖・・・100 g

作り方
  1. 熱湯で洗って乾かした保存ビンにコーヒー豆と氷砂糖を入れる。
   (保存ビンは梅酒用のものを流用するのが手っ取り早いでしょう)
  2. ホワイト・リカーで満たして蓋をする。
  3. 冷暗所で保管する。

大体1ヶ月くらいで飲めるようにというか、コーヒー・リキュールになります。
さらに2〜3ヶ月置いておくと、味がこなれてきておいしくなります。

コーヒー豆は、浸けたままにしておくと苦みが出てくるので、
3週間から1ヶ月くらい経った頃に取り除きましょう。
(味見をしながら、自分の好みの頃合いに取り出せば良いでしょう)

出来上がったコーヒー・リキュール、まずは味見をしてみましょう。

ストレートで飲んでも良いのですが、
ちょっときついので薄めた方が味がよくわかると思います。
特にお湯で割ると香りが立って美味しく飲めます。

味見をしたら、次回の漬込みに向けて準備をしましょう。

何を準備するのかって?
それは自分の好みの味のコーヒー・リキュールを作るためです。

  標準の分量を守る必要はありません。
  自分の好みで分量を加減し、
  豆やお酒の銘柄も好みのものを使いましょう。


まず、コーヒー豆の種類です。
  味が物足りない時はもっと酸味の強い豆に変えます。

次に、ホワイト・リカー。
  さっぱりとしすぎているようなら、ブランデーやラム酒にしましょう。
  泡盛を使っても良いでしょう。

最後に、氷砂糖。
  好みの甘さになるように量を調整します。

準備ができたら、躊躇なく第2弾を作りましょう。
最初の作品より美味しくなっているはずです。


市販のコーヒー・リキュールの味見もしておけば、自分好みの味が分かりやすくなると思います。
代表的なコーヒー・リキュールをピックアップしましたので参考にしてください。
(ネットで注文もできます)

市販のコーヒー・リキュール
カルーア コーヒーリキュール


ティア マリア コーヒーリキュール


イリー コーヒー リキュール


泡盛コーヒー


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。





美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。

お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。興味があれば覗いてみてください。(二日酔いには水を飲むのが一番手っ取り早い対処方法だと思います)

酒に音楽にミネラルウォーターと、好きなことばかりなのですが、これでは身の回りが全然美しくならないので(雑然としているだけです)、せめて花でも飾ろうと考えています。そこで花について(特に長持ちする花について)調べたことをブログ「暮らしに花を」にしてみました。家中に花を飾ろうと思われた方は一度お立ち寄りください。

盆栽か箱庭か・・・これを前にして飲む、風流ですね。






私がよく飲むワインは「サンタ・ヘレナ アルパカ」です。コストパフォーマンス抜群
でも、高級ワインじゃありません。普段飲みできるワインです。

  ワインの購入は、専門店が間違いないでしょう。
  ワインセラー専門店 セラー専科
  京橋ワインリカーショップ

  深くて優しい☆イーエックス・ワイン

  ワインオープナーやグラスなど小物が一杯


  ワインにはチーズが私流。
  

  お酒の購入もネットなら配達してくれます。
  なんでも酒やカクヤス 約200品目を一斉値下げ!お得な商品多数あり

酒がうまい!って、ついつい飲み過ぎてしまうことってありませんか?
そんなときには「ウコン」がよく効きます。(いや ほんとに効きます)
私は、普段「ウコンの力」を飲んでいるのですが、
ウコンの力顆粒はドリンクタイプより手軽です。一度試されてはどうでしょうか。


人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


トップへ戻る
posted by 音吉 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック