カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年10月07日

前後不覚になっても漢詩は書ける みたい


『李白』の漢詩『魯中都東楼酔起作』。

kanshi_3.gif


魯中都東楼酔起作<李白>・・・魯の中都東楼にて酔い起こされし時の作
昨日東楼酔・・・・昨日、東楼に酔う。
還応倒接離・・・・またまさに「接離」を倒(さかし)まにすべし。
阿誰扶上馬・・・・阿誰(あすい)、馬に上るを扶くるや、
不省下楼時・・・・省せず、楼を下るの時。

   接羅:風流人の被る帽子
   阿誰:誰かさん/(あすいと読む)

いやいやいや、帽子を逆向きにかぶってしまったり、帰る時に誰が馬に乗せてくれたのかもわからない、って完全に酔っ払ってしまって前後不覚になってしまっているではありませんか。

そんな状態の時をも詩にしてしまうのですから、李白さんて根っからの呑兵衛だったのでしょうね。


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。