カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年08月07日

昭和の時代 女性に向けて作られた「レディ80」


「レディ80」(Lady 80)レシピ

材料
  ドライ・ジン・・・30 ml
  アプリコット・ブランデー・・・15 ml
  パイナップル・ジュース・・・15 ml
  グレナデン・シロップ・・・2 tsp.

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット


アプリコットの芳醇な香りとパイナップルの濃厚な味わいが印象的な、甘くフルーティーな口当たりのカクテル。

1980年の第9回HBA(Hotel Barmen's Association)創作カクテルコンペの優勝作品で、作者は池田勇治氏。

80は1980年の意味で、女性向けに作られたカクテルのため、この名が付けられたとか。

今から38年も前、しかも当時の女性の好みに合うように考えられて作られたのですね。

1980年というと昭和55年、

と言うことはこのカクテル昭和の味わいなのでしょうか。

HBAで公開している『HBA創作カクテルコンペティションチャンピオンシップ歴代優勝作品レシピ』を見に行っても、味のことについてはなにも書かれていません。

チャンピオン在籍のホテルへ出掛けて行って、チャンピオン自身にオーダーして、味わってくださいっていうところなのでしょう。
(このカクテルを創作した池田勇治氏は、当時の札幌全日空ホテル(現在のANAクラウンプラザホテル)に在籍されていました)

気になる方は、とりあえず近場のバーで飲んでみてください。

もちろん、ご自分で作られても良いかと。

このカクテルで使う材料
ビーフィーター ジン40度


ボルス アプリコットブランデー 24度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。