カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年07月11日

すっきりした苦味で暑さを吹っ飛ばそう「カンパリーニャ」


「カンパリーニャ」 (Camparinha)レシピ

材料
  カンパリ・・・45 ml
  砂糖・・・2〜3 tsp.
  ライム・・・1/2 個

作り方
  1. ライムをよく洗い2cm角くらいのぶつ切りにする。
  2. オールド・ファッションド・グラスに1のライムと砂糖を入れ、
    (擂り粉木などを使い)つぶして果汁と砂糖を混ぜ合わす。
  3. クラッシュド・アイスを加えカンパリを注ぐ。

優しい形のグラスで飲んでください。

カガミクリスタル オンザロック T428-640

砂糖の甘さにカンパリの苦味、ライムのフレッシュな香りで、爽やかな飲み口で、後口もさっぱり。

ブラジルで一般的に飲まれている『カイピリーニャ』をカンパリを使って作ったカクテルです。

本場ではカシャッサと言われる『さとうきび』から作られる蒸留酒を使ってつくられています。

『さとうきび』から作られるだけあって、ラムのように甘味が感じられるのですが、それをカンパリという苦味のあるお酒に変えたのですから、味わいは大きく変わっています。

それでも「もっと苦みばしった味わいでないと」と言われる方は砂糖の量を少し減らして試してみてください。

(あまり減らしすぎると、コクとうまみが足りなくなってくるので程々にね)

砂糖を精製されたグラニュー糖ではなく、さとうきびから作られてあまり精製していない黒糖を使うのもいいかもしれませんね。

ライムの代わりにレモンを使っても良いようなのですが、私としてはライムをオススメします。

何と言っても香りの鮮烈さが違います。

このカクテルで使う材料
カンパリ CAMPARI 25度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。