カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年07月05日

クリスマス・ケーキにお似合いかもしれないがクリスマスの飲み物ではない「メーカーズ・マーク スマッシュ・ミュール」


「メーカーズ・マーク スマッシュ・ミュール」 (Maker's Mark Smash mule)レシピ

材料
  メーカーズ・マーク・・・30 ml
  シュガー・シロップ・・・10 ml
  ジンジャー・エール・・・90 ml
  生姜の搾り汁・・・
  イチゴ・・・1 粒
  バジルの葉・・・4 枚
  飾り:イチゴ 1 粒、バジルの葉 1 枚

作り方
  1. シェイカーにメーカーズマーク、シロップ、イチゴ、バジルを入れペストルで潰す。
  2. 氷を入れてシェイクし、氷を詰めたオールド・ファッションド・グラスに茶こしを使い入れる。
  3. 生姜果汁とジンジャーエールを注ぎ軽くステアし、イチゴとバジルを飾る。

優しい形のグラスで飲んでください。

カガミクリスタル オンザロック T428-640

甘口の味わいの中に、生姜とバジルの風味が漂うフレッシュな一杯。

「スマッシュ」というスタイルのカクテルです。
(ちょっと珍しい部類に入るかな)

この技法のカクテルは果物やハーブなどをペストルなどで潰し、そのフレッシュな風味を生かして作るものです。

作るのにはちょっと手間がかかってしまいますが、美味しいイチゴが手に入った時にトライしてみてください。

手間をかけた以上の美味しさに出会えるはずです。

誰ですか、イチゴの美味しいのはクリスマス頃だなんていうのは?

イチゴは本来路地物の旬は3月〜4月くらいの春後半なのですよ。

ところが、ハウス栽培の技術や品種改良がなされ、旬の時期がどんどん早くなってきて、今ではほとんどのイチゴが促成栽培されるようになっています。

なので、イチゴがもっとも店頭を飾るのは12月後半から2月位にかけてになってきています。

とは言っても今でも4月旬の露地物は安く、しかも甘さが強く、おいしい物が多いです。

やっぱり本来の旬の時期が美味しいということですね。

でも、気温が高くなってくると痛みも早くなるようで、見つけたらすぐに買ってすぐに食べましょうね。

となると、夏の時期にはイチゴが手に入らないのかと言うと、そういうこともなく、真夏に採れるサマー・プリンセスやすずあかね、なつみずき/夏瑞などの品種も登場してきているので、今や年中フレッシュなイチゴが手に入るような感じになってきています。

このカクテルで使う材料
バーボンウイスキー メーカーズマーク 45度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。