カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年07月03日

テネシーのウイスキーで作る「コットン・フラワー」


「コットン・フラワー」 (Cotton Flower)レシピ

材料
  ジャック・ダニエル(ブラック)・・・20 ml
  ディサローノ・アマレット・・・10 ml
  ホワイト・キュラソー・・・10 ml
  オレンジ・ジュース・・・15 ml
  グレナデン・シロップ・・・5 ml
  飾り:マラスキーノ・チェリー、ミントの葉

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぎ、ミントの葉をつけたレッド・チェリーをグラスの縁に飾る。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

コクのある甘味と爽やかな香りが特徴的。

このカクテルは『1995 サントリー・ザ・カクテルコンペティション』の“カクテル・オブ・ザ・イヤー”受賞作品。

作者は小森谷 弘氏。

チェリーとミントの葉で綿の花(コットン・フラワー)を模しているのが愉しいカクテルです。

テネシー・ウイスキーとも言われるジャック・ダニエルを使い、飾りは綿の花を模したもの、そしてカクテル名がコットン・フラワー。

これはテネシー州の主要産品が、繊維、綿花、牛、電力であるところからきているのでしょう。

特にテネシーの初期の頃の産品は綿花だったそうで、テネシー川とミシシッピ川の間の土地が開放された1820年代になって、その栽培が始まっていたとか。

ミシシッピ・デルタの上流端部がテネシー州南部に広がり、綿花を栽培できる肥沃な土地だったのがその理由。

テネシー州では所得税は給与や賃金には適用されないそうです。
(課税対象は株式、債権、受取手形からの収入だそうです)

これはいいですね。

これなら呑兵衛はお酒が存分に飲めそうです。

でも、日本の消費税に相当する税金があるそうなので、手放しでは喜べないかも。

ま、ここは日本、テネシー州のことはあまり気にしないで、美味しいお酒を飲みましょう。

このカクテルで使う材料
ジャックダニエル ブラック


ディサローノ アマレット 28度


コアントロー (ホワイト・キュラソー)40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。