カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年06月13日

ビールには唐揚げ・・・ですよね


ビールが美味しい季節になってきました。
(いつでも美味しいと思う方にとっては季節など関係ないでしょうが)

美味しいビールにはおいしいおつまみが必要。



ってことで、唐揚げです!

それも『大阪王将の唐揚げ』。

まっ、どこの唐揚げが美味いかは意見の別れるところですが。

それとともに意見の別れるものとしては、レモンをかける、かけない。

レモンをかける派の人は、「唐揚げには、レモンがなくては物足りない」と主張し、
かけない派の人は「レモンなんて、邪魔!」と主張し、
どちらも一歩も引くようには思えません。

何故それほどに差が出てしまうのか?

その原因は、レモンの強い酸味。
元々『酸味』は本能的に人間が嫌いな味なのです。
ところが、食の経験を重ねることで美味しいと感じるようになるのです。
   人は、酸味は『腐敗』、苦味は『毒』と認識するのが普通なので、
   酸味と苦味は食べる経験を重ねることで美味しいと感じるように
   なっていくものなのです。

だから、レモンをかける派の人とかけない派の人には、食の経験に違いがあると思われます。

さらに、唐揚げにレモンをかけると酸味が加わってさっぱりするだけでなく、『うま味の感じ方』にも変化が生じます。それも意見が分かれる理由になっていると言われています。

と言うことで、レモンはかける・かけないにこだわることなく、両方の味わいを愉しむのがいいと思います。

とここで『唐揚げ』と言う名前から、中国(唐)が関係しているのではないかと思われる方もおられると思いますが、

実際、江戸時代に「普茶料理」(精進料理の一種)というものが中国から伝えられ、その当時日本で出された料理書に『唐揚』というものがあるのだそうです。

ただし、これは『豆腐を小さく切り油で揚げ、さらに醤油と酒で煮たもの」なのだそうで、この『唐揚』が今私たちが食べている『唐揚』と直接の関係があるのかどうかは分かっていません。

でも、『唐揚』という言葉自身は中国から伝わってきたもののようですね。

さて、そんな『唐揚』。

沢山準備して、ビールとともに味わいましょうか。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 酒肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。