カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年05月12日

コミュニケーション取れていますか? その7「例え話を使う」


5月と言うと5月病

5月病かな?なんて思ったことはありませんか。

周囲の方々との円滑なコミュニケーションは5月病を吹き飛ばしてくれるかもしれません。

ということで、本日は第7回目。

コミュニケーションをとるために
「例え話を使って会話する」です。

chestnut.jpg


物事を会話だけで伝えようとした場合、抽象的な話しだけだと相手の想像力に任せてしまうところがありますが、そうすると自分の思いが確実に伝わったかどうかが分かりませんし、相手に理解していただけたかも不鮮明となってしまいます。

そんなとき、どうすれば良いのかというと、
「例え話を使う」のです。

具体的な例え話を出して話しをすれば、言いたいことがより確実に相手に伝わります。

そう、会話の場合は「抽象より具象」なのです。

自分の思っていることを伝えるということは、とても難しいことなのです。

どうすればより相手に理解してもらえるのかということを、常に考えながら、より具体的に表現するようにしましょう。

芸術の世界では、

「具象より抽象」がより具体的。

なんてこともあり得る訳で。

   抽象とは、言葉の通り、象を抽き出すということであり、
   全体の中から本質的な一部分のみに焦点を合わせて、
   それを選択的に抽き出すということ。

本質に迫るには抽象の方が適している、ってことなんでしょう。

でも会話で、思いを伝えるには、より具体的に。

さもないと確実に思いを伝えることはできない。

ってことになります。

いや〜、会話って難しいですね。

コミュニケーションにいたってはもっと難しい。

でも、会話なしでコミュニケーションは成り立たないので、まずは挨拶から始めていきましょう。

「飲みにケーション」への道のりは意外と険しい。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。