カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年05月16日

レスカ風味の清酒「酒サワー」


「酒サワー」 (Sake Sour)レシピ

材料
  清酒・・・45 ml
  レモン・ジュース・・・20 ml
  シュガー・シロップ・・・5 ml
  炭酸水・・・適量

作り方
  1. 炭酸水以外の材料をサワー・グラスに注ぎ、ステアする。
  2. 炭酸水で満たし、軽くステアする。

曲線の美しさ際立つグラスでどうぞ。

東洋佐々木ガラス サワーグラス ヨーロピアン

レモン・スカッシュのような味わいに、清酒の風味が広がる。

お酒が入っていなければ、まんまレモン・スカッシュなので、レモン・スカッシュのような味わいがするのは当たり前と言えば当たり前。

でも、ここにお酒が加わることで、ぐっと大人の風味になるのです。

食前酒や食中酒としても美味しくいただけるので、一度お試しを。

清酒のお好きな方にも気軽に愉しんでいただけると思います。
(混ぜ物はお酒に失礼だと思っている清酒ファンの方には不向きですが)

ところで、サワーと言うと本来は炭酸水を使わず、スピリッツにレモン・ジュースと砂糖を加えたものを言うのですが、日本とアメリカでは炭酸水を加えたものの方が一般的なようです。

なので、今回のレシピも炭酸水を使用しています。
(炭酸水を使った方が美味しいと思います)

このカクテルで使う材料
越乃寒梅 普通酒 白ラベル


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

清酒にトニック・ウォーターを合わせる「サキニック」


「サキニック」 (Sakenic)レシピ

材料
  基酒(MOTOZAKE)・・・60 ml
  炭酸水・・・30 ml
  トニック・ウォター・・・30 ml
  オレンジ・ピール

作り方
  1. 氷を入れたタンブラーに、よく冷やした基酒を注ぐ。
  2. よく冷やした炭酸水とトニック・ウォーターで満たし、軽くステアする。
  3. オレンジ・ピールをグラスの横でツイストして(絞って)グラスに入れる。

スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

清酒の風味香る、爽快な一杯。

MOTOZAKE(基酒)とは清酒のことなのですが、
   日本酒の愉しさと味わいを広げるカクテルベースの
   専用日本酒のことを言います。
   日比谷Barの運営を手掛ける環境開発計画グループが
   各都道府県の蔵元と個別で共同開発したもので、
   中身だけではなく、パッケージまで全くオリジナルの
   デザインとなっています。

このMOTOZAKEをベースに作られたカクテルを「SAKE(サキ)カクテル」と呼ぶのだそうです。

その「SAKE(サキ)カクテル」のひとつが、この「サキニック」 。

MOTOZAKEとトニック・ウォーターを使っているところからの命名だと思いますが、ジン・トニックと異なるところは炭酸水も使っているところ。

これにより、爽やかさが増しています。

おっと、オレンジ・ピールを使うところも独自カラーですね。

ジン・トニックならライムを使うところですが、サキニックはオレンジを使います。

ジンと清酒では香りが異なるので使い分けたのでしょう。

ジン・トニックがお好きな方、一度この「サキニック」試してみませんか。

私?

私は昔ジン・トニックが好きだったのですが、今はジン・リッキーの方が好きになっています。

   トニックウォーターとは、
   炭酸水に各種の香草類や柑橘類の果皮のエキス、
   さらに糖分を加えて調製した清涼飲料水のこと。
   (炭酸水は香り付けや加糖がなされていないもの、
    つまり水と炭酸だけで作られています)

つまり、甘味や香りが付けられた水より、何も加えない炭酸のみ含ませた水の方が好きになったってことです。

なので、最近はトニック・ウォーターを使ったカクテルには手を出していないので、この「サキニック」にも今のところ手を出していません。


このカクテルで使う材料
(長野)大雪渓 MOTOZAKE基酒 純米酒 720ml


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

和の風味 和の味わい「日本酒の緑茶割り」


「日本酒の緑茶割り」 (Highball by Sake with Green Tea)レシピ

材料
  清酒・・・60 ml
  緑茶・・・適量

作り方
  1. 氷を入れたタンブラーに清酒を注ぐ。
  2. 緑茶を注ぎ、軽くステアする。

スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

一口飲めば緑茶の風味が口一杯に広がる、日本人ならなじみ深い味わい。

いや〜
日本の味わいが詰まったカクテルです。

なんたって、お茶と清酒なのですから。

そして、普段飲んでいるお茶よりちょっと上等なお茶を用いるのが美味しくいただくコツです。

なぜなら、普段飲んでいるお茶の方がより美味しさが分かるような気がしますが、お酒でお茶の風味が薄れてしまうからです。

「日本酒の緑茶割り」はちょっと長くてまどろっこしい名前なので「緑茶ハイ」って呼ぶのがいいかもしれませんね。
って思ったところ、
「緑茶ハイ」だと焼酎の緑茶割りと思われてしまうことがあるため、
ちょっと面倒ですが「日本酒の緑茶割り」と呼ぶのが良いと思いますよ。

単純に「お茶割り」と呼びたいところですが、これだとウーロン茶で割られてしまうことがあるため、こちらの呼び方も避けたおいた方が良いようです。
お茶好きの方にとっては残念な結果ですが、お店でお茶割りを注文するとウーロン茶で割るのが一般的になっているようなので、仕方がないところです。

さて、この「日本酒の緑茶割り」ですが、お茶の風味を愉しみたいならば端麗辛口の清酒を使いたいところです。

逆に、清酒の味わいの中でお茶の風味がそこはかとなく香るのを愉しみたい時には、濃醇な味わいのお酒を使ってください。

お酒とお茶の割合は自分好みで良いのですが、最初は同量位から初めてみてはいかがでしょう。

このカクテルで使う材料
越乃寒梅 普通酒 白ラベル


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

コミュニケーション取れていますか? その8「褒める!」


5月と言うと5月病

5月病かな?なんて思ったことはありませんか。

周囲の方々との円滑なコミュニケーションは5月病を吹き飛ばしてくれるかもしれません。

ということで、本日は第8回目。

コミュニケーションをとるために
「相手を褒める」です。

dog.jpg


誰でも自分のことをほめられて嫌な気分になりませんよね。

実際に人とコミュニケーションを取る際にも、相手のことを話しの折に触れ褒めてあげるようにすることは大切なことなのです。

そうすれば会話が、コミュニケーションがとてもスムーズになります。

とは言うものの、何を褒めるのかって?

それは些細なことでよいのです。

例えば、
   相手の机の上がいつも奇麗に整頓されているような場合:
      「いつも奇麗に整理整頓しているね、素晴らしいよ!」
   相手の机の上が乱雑なのに、必要なものがすぐに出てくる場合
      「凄いね!どこに何があるか常に把握しているんだ」
って感じでね。

ちょっとしたことでも「いいね!」って声に出して言いましょう。

それが円滑なコミュニケーションをもたらしてくれます。

そう、褒めるkとは大切なのです。
決して相手のことを悪く言わないように。

それが愉しい飲みにケーションへの道です。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

コミュニケーション取れていますか? その7「例え話を使う」


5月と言うと5月病

5月病かな?なんて思ったことはありませんか。

周囲の方々との円滑なコミュニケーションは5月病を吹き飛ばしてくれるかもしれません。

ということで、本日は第7回目。

コミュニケーションをとるために
「例え話を使って会話する」です。

chestnut.jpg


物事を会話だけで伝えようとした場合、抽象的な話しだけだと相手の想像力に任せてしまうところがありますが、そうすると自分の思いが確実に伝わったかどうかが分かりませんし、相手に理解していただけたかも不鮮明となってしまいます。

そんなとき、どうすれば良いのかというと、
「例え話を使う」のです。

具体的な例え話を出して話しをすれば、言いたいことがより確実に相手に伝わります。

そう、会話の場合は「抽象より具象」なのです。

自分の思っていることを伝えるということは、とても難しいことなのです。

どうすればより相手に理解してもらえるのかということを、常に考えながら、より具体的に表現するようにしましょう。

芸術の世界では、

「具象より抽象」がより具体的。

なんてこともあり得る訳で。

   抽象とは、言葉の通り、象を抽き出すということであり、
   全体の中から本質的な一部分のみに焦点を合わせて、
   それを選択的に抽き出すということ。

本質に迫るには抽象の方が適している、ってことなんでしょう。

でも会話で、思いを伝えるには、より具体的に。

さもないと確実に思いを伝えることはできない。

ってことになります。

いや〜、会話って難しいですね。

コミュニケーションにいたってはもっと難しい。

でも、会話なしでコミュニケーションは成り立たないので、まずは挨拶から始めていきましょう。

「飲みにケーション」への道のりは意外と険しい。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。