カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年05月26日

机の上に蒸気機関車を走らせる


観光資源として運転されているものを除き、営業運転されているものがなくなってしまった蒸気機関車。

今月(5月6日)にはJR山口線で観光列車のSL「やまぐち」号(新山口−津和野間)をけん引してきたC56形蒸気機関車が引退しました。

引退するC56は1939年製造。SL「やまぐち」号をけん引する大型のC57の検査時などに代役を務めたり、C57と連結して引く重連運転をしたりして山口線では1987年から活躍してきた。

小さく愛らしい車体から「ポニー」の愛称で親しまれてきたのですが、よりけん引力のあるD51が昨秋復活し引退が決まった。

C56は27日に北陸線でSL「北びわこ号」として運行し、その後は京都市にある京都鉄道博物館で展示運転されるそうです。



そんな消えゆく運命にある蒸気機関車ですが、なんと、机の上で走らせることができるのです。

それが「ロクハン」と呼ばれるZゲージ。

   ロクハンとは6.5mm。つまりZゲージの鉄道模型の
   線路幅を意味しています。
   現在最も愛好者が多いと言われるNゲージは9mmですが、
   Zゲージは6.5mmなので、なんと約2/3のサイズ!
   元々コンパクトな鉄道模型の中でも、
   さらに小さく精密さも兼ね備えた鉄道模型。
   それががロクハンのZゲージです。
   (ドイツのメルクリンが最初に考案したものです)

その大きさだからこそ、机の上で走らせることができる。

小さくても堂々としたその雄姿。
小さいからこそ没頭できる世界観。

「男が最後に行き着く趣味」として言われている鉄道模型。

自宅にレールを敷き鉄道会社のオーナー気分でグラスを傾けるなんて、愉しいと思いませんか?

「スタート・エディション」とされているものは、蒸気機関車だけではなく、貨車にレールやコントローラーそして、ペーパークラフトではあるものの駅舎やホームまでがセットされています。

つまりこれさえ手に入れれば、その時から鉄道を机の上で走らせることができるのです。

さて、今夜はけなげに走る蒸気機関車を肴に一杯やりますか。

とは言うものの、我が家には既にNゲージが開業中。

さて、どうしたものか。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

ラムの風味が嬉しい「ダーク・ラム・ハイ」


「ダーク・ラム・ハイ」 (Dark Rum Highball)レシピ

材料
  焼酎・・・50 ml
  ダーク・ラム・・・10 ml


作り方
  1. 氷を入れたオールド・ファッションド・グラスに、焼酎を注ぐ。
  2. ラムを加え、ステアする。

優しい形のグラスで飲んでください。

カガミクリスタル オンザロック T428-640

ラム独特の風味が香る、キツめの一杯。

焼酎にラム酒を加えると言った、ちょっと贅沢なアルコール飲料。

美味しいんだけどアルコールに弱い方にはオススメできません。

お酒は弱いんだけど飲んでみたい!
とおっしゃる方。

分量を半分くらいにして飲んでみてください。

美味しさはそのままで酔っ払う前にグラスを空けることができます。

特にダーク・ラムを飲んだことがないと言われる方、このカクテルをまず試してみませんか。

ダーク・ラムの雰囲気を気軽に味わえますよ。

そして、焼酎好きの方、

ダーク・ラムを加えることにより、焼酎の味わいが大きく変わるので、試してみる価値はあると思いますよ。

ということで、焼酎好きの方にも、ラムが好きな方にもオススメできますし、お酒に弱い方にも「少しだけなら大丈夫じゃね?」とオススメできる、味わい深い焼酎カクテルなのです。

このカクテルで使う材料
吟香鳥飼(ぎんかとりかい) 米焼酎 25度


マイヤーズ ラム オリジナルダーク 40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

ティー・タイムにいかが「レモンティー・ハイ」


「レモンティー・ハイ」 (LEMON TEA Highball)レシピ

材料
  焼酎・・・25 ml
  meitoの粉末紅茶「レモンティー」・・・13 g (約 4 tsp.)
  ミネラル・ウォーター・・・100 ml

作り方
  1. タンブラーに焼酎を注ぐ。
  2. 冷やしておいたミネラル・ウォーターで粉末紅茶を溶き、タンブラーに注ぐ。
  3. ステアして氷を浮かべる。

スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

レモンの爽やかな香りと、紅茶の味わいでとても飲みやすい。

焼酎がちょっと苦手だと言われる方に気軽に飲んでいただけるハイボール(紅茶割り)です。

このカクテルの特徴はなんといっても、meitoの粉末紅茶「レモンティー」を使用しているところにあります。

「美味しい紅茶は茶葉の選定から」という紅茶好きの方からすれば、meitoの粉末紅茶はなんちゃって紅茶になるのでしょうが、これが好き!と言われる方も存在していて、侮れない人気を誇っているインスタント紅茶ですね。

私の場合、紅茶と言うと「アールグレイ!」って反射的に言ってしまうくらい、アールグレイが好きなのですが、meitoの粉末紅茶も飲んでいたk路がありました。

なんといってもインスタントなのが嬉しい粉末紅茶なのですが、ちゃんと紅茶の味と香りがするところもいいですね。

でも甘いのがちょっと難点(砂糖まで一緒に入っているので甘さの調節ができない)。

その甘いところが今回のハイボールには都合が良いところでもあるのですが。

ところで「アールグレイ」とは何かと言うと、
   ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、フレーバー・ティーの一種。
   (ベルガモットはミカン科の常緑高木樹の柑橘類で、主な産地はイタリア)
   アールグレイ(英語:Earl Grey) とは「グレイ伯爵」という意味で、
   1830年代のイギリス首相、第二代グレイ伯チャールズ・グレイに由来すると言われています。
   
これから夏に向けてどんどん暑くなっていきますが、そんな時のティー・タイムにこの「レモンティー・ハイ」 飲んでみてはいかがですか。

このカクテルで使う材料
吟香鳥飼(ぎんかとりかい) 米焼酎 25度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

桃の誘惑「ピーチ・ハイ」


「ピーチ・ハイ」 (Peach Highball)レシピ

材料
  焼酎・・・30 ml
  ピーチ・シロップ・・・5 ml
  牛乳・・・適量

作り方
  1. 氷を入れたオールド・ファッションド・グラスに、焼酎とピーチ・シロップを注ぐ。
  2. 牛乳で満たして、ステアする。

優しい形のグラスで飲んでください。

カガミクリスタル オンザロック T428-640

桃の甘さとミルクの柔らかさで、口福感一杯。

魅惑的な果実「桃」を使ったハイボール(牛乳割り)です。

適度なアルコールと相まって、まさに桃源郷の味わいと言ったところでしょうか。

その桃ですが、収穫できる期間は10日間程度ととても短いので、早生種に始まり、中生種、そして晩生種へとシーズン中次々と店頭に並ぶ品種が変わっていきます。

なので、美味しいそうと思ったら、その場で買ってしまわないと、次の日に買いに行くと違う種類の桃に変わっている場合があるということです。

早ければ5月頃から店頭に並び始めるのですが、旬はなんといっても夏。

3月下旬から4月上旬頃には薄桃色の花をつけるので、徘徊の世界では「桃の花」は春の季語になっています。

つまり夏に桃を買ってきて、一句ひねっても、「桃の花」なんて書いてしまうと夏の俳句にはならないと言うこと。
(まあ、桃の実を見ながら桃の花の俳句もないでしょうが)

さて、今回のレシピは桃のシロップを使っていますが、これを書きながら桃のネクターでも美味しいカクテルができそうに思えてきました。

機会があれば一度試してみたいと思います。

ところで「ネクター」というのは、日本では森永製菓の商標だったそうです。

でも、同社が業界発展のためにということで商標運営を社団法人日本果汁協会に一任したため、今日では森永製菓以外のメーカーからも発売されています。

このカクテルで使う材料
吟香鳥飼(ぎんかとりかい) 米焼酎 25度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

ちょっと贅沢な「メロン・ジュース・ハイ」


「メロン・ジュース・ハイ」 (Melon Juce Highball)レシピ

材料
  焼酎・・・40 ml
  メロン・ジュース・・・30 ml
  飾り:メロン

作り方
  1. 皮と種を除いたメロンをブレンダーにかけ、キッチン・ペーパーなどで濾す。
  2. 氷を入れたオールド・ファッションド・グラスに、焼酎を注ぐ。
  3. メロン・ジュースを注ぎ、ステアしてメロンを飾る。

優しい形のグラスで飲んでください。

カガミクリスタル オンザロック T428-640

メロンの香りが爽快感を伴ってやってくる。

ちょっと贅沢に、フレッシュなメロンをミキサー(英語ではブレンダーと言う)にかけてジュースにしたものだけで焼酎を割ったハイボールです。

マスク・メロンを使うと綺麗な緑色のハイボールとなりますが、夕張メロンを使うとオレンジ色が美しいハイボールが出来上がります。

マスク・メロンも夕張メロンも高級品ですが、ちょっと奮発して高級なハイボールを愉しむのも、たまには好いんじゃないでしょうか。

ところで、マスク・メロンのマスクとは、品種名ではなく麝香(Musk)の香りがするメロンの総称のことなのだそうですよ。

「メロン」
   インドが原産地で紀元前2000年頃に栽培が始まった。
   一般的に、西方に伝わった品種群をメロンと呼び、東方に伝わった品種群を瓜(ウリ)と呼ぶ。
   日本のマクワウリなどもそのひとつだとか。
   網目が生じるもの(アミメロン・網系)と生じないもの(アミナシメロン・網無し系)とがある。
   日本において、メロンの産地として夕張などの冷涼な地域が有名なのは、
   それらの高級メロンの元になった品種がヨーロッパで作出されたためで、
   熱帯性の種の多いウリ科植物には珍しく、夏の高温多湿に耐えられないから。
   日本で流通しているアミメロンは、品質を高めるために1本の蔓から通常1個しか収穫しない。
   網目を形成しているネットとは、かさぶたのようなもので、
   果実の成長期に果肉と表皮の伸長率のずれによって生じるひび割れを塞ぐ分泌物から形成されるもの。
   (成長過程で果肉が果皮よりも大きくなろうとして、そのときに果皮がひび割れ、
    このひび割れをふさごうとしてできたコルク層)

メロンの見極め方
   網ありメロンの場合は、丸みがキレイで網目がクッキリと細かく均等に広がり、
   網1本1本の盛り上がりが高いほうが良品とされています。
   果皮の色は、網あり網なしともに色付きが均一なものを選ぶとよい。
   また、網あり網なしとも軽いものよりも重みのあるほうが種の比率が低く、肉厚で味も優れています。

マクワ・ウリもメロンの仲間なので、マクワウリを使って「メロン・ジュース・ハイ」 を作っても良いのですが、できればマスク・メロンや夕張メロンで作りたいですね。

このカクテルで使う材料
吟香鳥飼(ぎんかとりかい) 米焼酎 25度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。