カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年04月05日

グラスを傾けろスコッチを飲め「ティルト・ザ・キルト」

「ティルト・ザ・キルト」 (Tilt The Kilt)レシピ

材料
  ウイスキー・・・1 glass
  ホワイト・キュラソー・・・1 tsp.
  レモン・ジュース・・・1 tsp.
  砂糖・・・1 tsp.

作り方
  1. ホワイト・キュラソーの材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
    (砂糖が溶け切るように十分にシェイクする)
  2. カクテル・グラスに注ぎ、ホワイト・キュラソーをフローティングする。
    (ホワイト・キュラソーが上面に浮かぶようにそっと注ぐ)

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

やや辛口でフルーティな味わい。

このカクテルはフロートしたオレンジの香り豊かなホワイト・キュラソーを、口の中でブレンドしながら味わうというのが飲み方の基本になっています。

何故そんな面倒なことをするのでしょうかね?

まあ、ホワイト・キュラソーをフロートしておくと、飲む際に最初にホワイト・キュラソーが香るようにしているというところでしょうか。

ところで、カクテル名の「ティルト・ザ・キルト」は「キルトを傾けろ」というような意味で、キルトとはスコットランドの伝統衣装のことです。

現在でも公式な場での男性の正装として結婚式や卒業式、スコットランド軍の制服など様々な場面で着用されているので目にした方もおられると思います。
一見スカートのように見えますが、立派な男性用衣装です。
日本の伝統衣装もズボンではありませんから似たようなものでしょう。(袴は別ですが)

キルトの発祥は10世紀頃で、スコットランドのハイランド地方で発達したといわれています。

そして、そのキルトを身につけていたのは、反イングランドをとなえるスコットランドやアイルランドの氏族たちでした。

イングランドとスコットランド間では古くから宗教・人種的な対立があり、ハイランダーたちにとってのキルトとは強大な権力をもつ中央集権へ対する反逆精神でありアイデンティティーを示す大切なものだったのです。
(勇敢な戦士ハイランダーたちは、長期にわたってイングランド軍と戦いを交えてきました。)

「そのキルトを傾けろとはこれ如何に?」

てな感じですが、
ことはお酒の世界。

お酒でスコットランドを現すものと言えば「スコッチ・ウイスキー」。

なので「ティルト・ザ・キルト」は、
スコッチを傾けろ→ウイスキーを飲め
というような意味に取れなくもないと思います。
(全て私の推測ですが)

そして「スコッチを傾けろ」なのですから、他のお酒を混ぜてはいけないので、ホワイト・キュラソーはウイスキーとともにシェイクするのではなくフロートして、スコッチの純粋さは守る。

と、こじつけて考えることができるカクテルだといえますね。

このカクテルで使う材料
ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン ファイネスト40度


コアントロー ホワイトキュラソー 40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

動くな FBIだ「ディジー・イッジー」

「ディジー・イッジー」 (Dizzy Izzy)レシピ

材料
  バーボン・ウイスキー・・・1/3
  ドライ・シェリー・・・1/3
  パナップル・ジュース・・・1/6
  レモン・ジュース・・・1/6

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

フルーティーながらやや辛口の一杯。

カクテル名の「ディジー・イッジー」 は、なんとFBIの捜査官の名前。

何故捜査官の名前がカクテルにつけられたかというと、「ディジー・イッジー」 はアメリカの禁酒法時代に密売酒の取り締まりをしていたから。

つまりお酒つながりだということです。

徳に「ディジー・イッジー」がこのカクテルを好んで飲んでいた訳ではありません。
(禁酒法時代なのでFBIの捜査官が酒を飲むはずもなく)

全体の1/3はバーボンですが、残りの2/3がジュースとアルコール度の低めなシェリー酒が半々なので、仕上がりのアルコール度数はそれほど高くなく20度を超えないくらいになっています。

なので、あまり身構えずに気楽に飲めるカクテルだといえるでしょう。

このカクテルで使う材料
バーボンウイスキー ジムビーム 40度


ゴンザレス・ビアス ティオ・ペペ ドライシェリー 15度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

法律を犯してでも飲みたくなるか「スコッフロー」

「スコッフロー」 (Scofflaw)レシピ

材料
  ウイスキー・・・1/3
  ドライ・ベルモット・・・1/3
  グレナデン・シロップ・・・1/6
  レモン・ジュース・・・1/6
  オレンジ・ビターズ・・・1 dash

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

フルーティーで優しい口当たりの一杯。

カクテル名の「スコッフロー」とは法律(しかも常習の)違反者のこと。

でも、このカクテルでいうところの法律とはアメリカの禁酒法のことなのだそうです。

う〜む、禁酒法とこのカクテルの関係がわかりません。
(多分禁酒法を犯してお酒を売り買いしたり飲みまくっていた人達のことを表した命名だとは思うのですが)

そんな時は無視!

カクテル名で訳がわからない時は無視するに限ります。

何たって適当に命名されていることが多々あるのですから。

もし何か謂れがあるカクテル名ならば、どこかから「それはね・・・」って話しが聞こえてくるはずです。

なので、あまりカクテル名に捕われず、美味しく飲んでおきましょう。

このカクテルで使う材料
ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン ファイネスト40度


ノイリー プラット ドライ・ベルモット 18度


リーマーシュミット オレンジビター


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

驚き桃の木山椒の木 いや 晴天の霹靂「サンダークラップ」

「サンダークラップ」 (Thunderclap)レシピ

材料
  ブランデー・・・1/3
  ドライ・ジン・・・1/3
  ウイスキー・・・1/3

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

ドライだけれど、すっきりとした口当たり。

ハードなリカー3種類を同量づつ組み合わせたカクテルです。

ハードなものの組み合わせなのでよりハードになるかというと、
そうでもなく、予想に反して、飲みやすいのです。

そうですカクテル名「サンダークラップ」が予想に反した美味しさを表しているのです。

サンダークラップとは雷鳴のことなのですが、
普通のゴロゴロという音ではなく、バリバリッっていう感じの音を表していて、
英和辞書には「晴天の霹靂」なんて邦訳まで書かれています。

このようなカクテルは是非とも知人を呼んでごちそうしましょう。

もちろん「サンダークラップ」を「青天の霹靂」たるべく演出付きでね。

どのような演出かというと、
まずは3種類のお酒それぞれを味わっていただいてから、
おもむろにその3つのお酒をシェイクしてサーブするのです。

中々いいアイデアでしょ。

ただし相当の飲み手でないと、こんな飲み方は愉しめません。

なので、もてなす相手を間違えないようにしましょうね。

いや、これだけ美味しいカクテルは、まず自分で愉しまなくっちゃ。

なんて思っているアナタ。

そうですそれこそ呑兵衛の鏡!

人に飲ませる前に、まずは自分で味見はしておきましょう。
(なんて結局は自分が飲みたいだけだったりして)

このカクテルで使う材料
レイモン・ラニョー エクストラヴィユー 42度


ビーフィーター ジン40度


ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン ファイネスト40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

美味しく飲むためにカラダを鍛える「スクワット」

お酒を美味しくいただくためには体力も必要。

squat.png


入院生活を体験してみて、身に滲みてわかりました。

お酒を美味しくいただくには体力が必要だと。

ということで歩き始めたのですが、それだけではまだ不十分。

筋肉トレーニングも取り入れなくては。

ということでまずは、スクワット!

スクワットは、「デッドリフト」・「ベンチプレス」と合わせて「筋トレBIG3」と呼ばれている、筋トレの基本メニュー。

私も若い頃は90kgほどのバーベルを担いでトレーニングしたものです。

でも、今は、階段を上るだけで足がふらつき加減になるという体たらく。

なのでまずは基本的なスクワットから始めようと考えています。

基本のスクワット

1.肩幅か肩幅よりやや広めに足を開いて立つ。
2.つま先はやや外側に向ける。
3.胸を張り、両腕はまっすぐ伸ばす。
 (腕の位置は「頭の後ろで組む」でもOK)
4.ヒザをやや曲げ、お腹に力を入れて凹ませる。
5.背筋は丸めず、まっすぐ伸ばす。
6.イスに座るイメージでゆっくり(4秒くらいで)と腰を落とす。
 (息を吸いながら地面と太ももが平行になるまで上体を下げていく)
7.ゆっくり(4秒くらいで)元の体勢に戻る。
 (息を吐きながら膝が伸びきらない程度に立ち上げる)

回数の目安は、20回 × 3セット。
各セット間のインターバルは30秒。

気をつけなければならないところは、
・膝がつま先よりも前に出ないようにする。
・膝とつま先は同じ方向を向く。
・背中は丸めない。
・呼吸法をマスターする。
・大腿四頭筋を意識する。
・膝を伸ばし切らない。
というところですね。

気をつけないとトレーニング効果ががた落ちするので注意してください。

そして、効果が現れるまでの時間は、

普通はトレーニングを始めると3週間くらいは続けないと効果が現れないと言われていますが、スクワットの場合、早い人だと1週間ほどで効果が現れてくるそうです。

でも、やはり最低3週間は続けた方がよいかと思います。
traning.png

ところで、スクワット1回の消費カロリーは、腹筋50~100回に匹敵すると言われています。

つまり脂肪が沢山ついていてなんとかしたいとお考えの方、
スクワットがオススメです。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | とれーにんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。