カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年03月21日

想像力が創造力が す・ご・い 「虹の絵の具皿」


詩人であり、童話作家である宮沢賢治。

著名な作品は読んでいたので、今回は「虹の絵の具皿」を読んでみました。

いや、凄いですね。
どうしてこんな作品が書けるのでしょう。

「銀河鉄道の夜」とはまるで違うし、「風の又三郎」とも違う。
いやこの両作品もまったく違う雰囲気を醸し出しているのに、それらとはまた異なる感覚で書かれています。

作者の想像力・創造力は凄いです。

私など、何を書いても同じような文章になってしまいます。

って、比べること自体が間違っていますが。

童話に興味がある方も、ない方にも、ぜひ読んでいただきたいと思います。

できれば、複数の童話を一度に読んでいただきたいですね。

作者の素晴らしさがより良く分かると思います。



posted by 音吉 at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。