カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年03月09日

北大路魯山人の「くちこ」を読んでみたら酒が飲みたくなった

酒の話が続いているのでそれを("酒"じゃなくて)避けようとして北大路魯山人に逃げたのですが、甘かった。

上手い話は美味い酒に繋がっていたのです。

そりゃまあ、わざわざ「くちこ」を選んで読んだのは私自身なので仕方がないのですが。

やっぱり珍味の話しには酒がつきものでした。

えっ?
どんな話か分からないですって?

読めばわかりますよ、読めば。

でも、その前にお酒を準備しておきましょうね。

ではでは。


posted by 音吉 at 20:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。