カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年03月05日

酒も恋も 坂口安吾の「酒のあとさき」

酒好きで知られる坂口安吾が自身の酒と恋について書いた「酒のあとさき」。

まあ、作家というものは酒を飲むのでさえなにやら理由付けが必要なものらしく、あれこれ書かれています。

中には中原中也が酒場で絡んできた一節もあり、ちょっと面白い展開で2人が知己になったところが描かれています。
(もともと知り合いだったようなので知己と言うよりは親友と言った方が良いかもしれません)

17歳の少女が酒をガパガパと飲むシーンもありました。
今じゃそんなことは書けるもんじゃありませんね。

まあ、一度読んでみてください。



posted by 音吉 at 21:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。