カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年02月25日

当時の貴族階級のことが分かっていればもっと面白いかも「斜陽」

太宰治の「斜陽」を読んでみました。

大東亜戦争後の没落していく元貴族の悲劇的な生活が描かれている小説です。

ロシアの劇作家アントン・チェーホフが最晩年の頃に書いた戯曲「桜の園」(さくらのその、ロシア語で Вишнёвый сад)に触発されて書いた作品です。

志賀直哉や三島由紀夫らが、作中の貴族の娘の言葉遣いが「実際の貴族の女性の言葉遣いからかけ離れている」と指摘していたそうなのですが、なにぶんその頃には産まれてはいなかったため、実際の貴族とはどのようなものだったかが分からないところが、読んでいてもどかしいところでしたね。

実際、発表された当時(「新潮」の19477月号から10月号まで4回にわたって連載され、同年12月15日には新潮社より刊行された)には大ベストセラーとなったそうで、当時の人には没落していく元貴族たちは身近な存在だったのでしょう。

題材が題材だけにハッピーエンドとはいきませんが、読んでみる価値はあると思いますよ。





posted by 音吉 at 20:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。