カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年02月21日

これは面白い 最近のライトノベルなんか目じゃないね「桜の森の満開の下」

坂口安吾の代表作の一つと言われている短編小説「桜の森の満開の下」を読みましたが、これがとてもとても面白い!
何が面白いって?
それは全て!
とにかく最初から最後まで一気に読んでしまいました。
多分傍らにウヰスキーを注いだグラスを置いておいても、手を伸ばす間も無く読み終えたでしょう。

こんなのを読むと最近のライトノベルなんてただの文字の羅列に思えてきます。

まだ読んだことのない方、是非読んでください‼︎

ここでは内容については一切触れません。先入観なしで読んでいただきたいからです。

本当の傑作とはこのことを言うのでしょう。


posted by 音吉 at 21:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。