カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年02月15日

文学青年@入院生活時のみ

退屈を絵に描いたような入院生活なので、早速「文学青年」に成りすまして読書三昧に耽っています。

最初に読んだのは「夫婦善哉」。

面白い!
訳あり夫婦の日常が飾り気なく書かれています。
一気に読んでしまいました。


なお、この夫婦の後日談が垣間見られる作品を著者が書いているのです。

明日はそちらを読む予定です。

あっ、大阪の物語なので大阪弁が分からないとちょっと読みづらいかと思います。

ではまた。


posted by 音吉 at 21:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。