カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年12月21日

日本にもスパークリングなお酒はある!「スパークリング純米大吟醸 チャンピオンボトル」

たとえクリスマスでもシャンパンなんて外来種じゃなくて日本のスパークリングなお酒を飲みたいという方にオススメ。

人気一 スパークリング純米大吟醸チャンピオンボトル」。



“人が気を込めて醸す”という意味の「人気一」。

その発泡清酒は、日本の自動車レースのトップカテゴリー、フォーミュラ・ニッポンの表彰式で採用されているそうです。

まっ、それくらい発泡度が高い、というか瓶を振って開栓すれば中身が飛び出てしまうんですね。

それほどの威力があるのは、瓶の中で米と米こうじのみで発酵させ、発酵の過程でアルコールと共に造られる炭酸ガスを瓶の中に封じ込めたから。

このお酒は、東に阿武隈山系を、西に安達太良連峰の山々を望む福島県二本松で産声を上げた日本で最も新しい蔵は「人気酒造株式会社」。

そこで醸されているお酒の銘柄は「人気一(にんきいち)」

でも新しい蔵と言いながら、二本松(良質の日本酒のふるさととも言える場所なのだ)には、智恵子の生家である蔵・花霞(今は酒造りはしていない)をはじめ、大七酒造、奥の松酒造、千功成酒造、大内酒造とひとつの町に4蔵もの有名蔵元があり、その蔵元の「明治30年創業の(有)大内酒造の代表でもあり製造部長でもある大内達(すすむ)氏と、全国的にも海外にもファンの多い奥の松酒造(株)を卒業した遊佐勇人氏」が立ち上げたものなので、出来上がったお酒の質の高さも知れようと言うもの。

さあ、今年のクリスマスは
シャンパンじゃなくて、純米大吟醸の泡で乾杯!
といきましょうか。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

クリスマスでも乾杯はビールだ!という方に「グーデン・カロルス クリスマス」

クリスマスで乾杯。

乾杯ならビール!

という方にオススメできるビールは「【クリスマス限定入荷ベルギービール】グーデン・カロルス・クリスマス330ml」。



「乾杯のビールは決めているんだ」という方も、クリスマスなのですからそこはちょっと気分を変えて、クリスマス限定のビールで愉しみませんか。

オレンジピールが麦汁に加えられており、フルーティーな味わいのビールです。

特徴的な赤みがかった褐色は、まさにクリスマスにぴったり。

アルコール度数が10.5%とビールとしてはちょっと高めなところも、普段とは違うクリスマス感に浸れます。
(アルコールが高めでクリスマス感ってのは無理があるかも)

いずれにしろ「グーデン・カロルス」はベルギー最古と言われる醸造所「ヘット・アンケル醸造所」を代表するビールです。

なにしろ、神聖ローマ帝国のカール5世にこよなく愛されたビールであると言われているくらいですから。

さあ、今年のクリスマスは
ローマ帝国時代のビールで乾杯!
といきましょうか。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

クリスマスにお似合いのあったかワイン「シュテルンターラー・グリューワイン」

北半球でのクリスマスは冬の真っ最中。

そんな寒い時にはあったかいお酒が一番。

そしてあったかいお酒と言うと燗酒。

でも、清酒を燗したものでは何かクリスマスの雰囲気とは違うなと思われるでしょう?

そういう時には、あったかワインの出番です。
シュテルンターラー・グリューワイン 赤ワイン ドイツ産 ホットワイン」。



ラベルからしてクリスマスの雰囲気があるでしょう。

ドイツでは冬の定番として飲まれている、温めて飲むワイン「グリューワイン」です。

赤ワインにシナモンやレモン、オレンジ、そしていろいろなスパイスを漬込み、あっためて飲むものなのです。

自分で作ることもできますが、作る手間が面倒だったり、中々味が決まらなかったりとかするんです。

でも「シュテルンターラー・グリューワイン」があればそんな心配は無用。

なぜなら、すでに「オレンジやレモン、シナモン、クローヴ、アニスや砂糖」などが入っているので(体に良さそうですね)温めるだけでOKなのです。

温め方も簡単(下記の3通り)ですよ。
   ・耐熱容器に入れて、電子レンジで温める
      (200mlくらいなら500Wで1分程度)
   ・おなべに入れて温める。
      (沸騰させないように弱火〜中火で)
   ・お燗で温める。
      (耐熱容器に移し替えて、お燗するのと同じように)

さあ、今年のクリスマスは
あったかワインで乾杯!
といきましょうか。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ウイスキー好きのクリスマスに「バランタイン クリスマスリザーブ」

クリスマスのお酒と言うとまずシャンパンが思い浮かびますが、ウイスキーん好きな方はやっぱりウイスキーで愉しみたいもの。

そんなアナタのためにサンタさんが用意したものが「バランタイン クリスマスリザーブ」。
(いや、サンタさんじゃなくてバランタインが用意してくれたものですが)



ブランデッド・スコッチの銘品のクリスマス限定スコッチです。

マスターブレンダーがクリスマスをイメージして毎年原料からこだわって作っている一品なのです。

英国ではクリスマスに「ワッセイル」というリンゴ酒を飲む風習があるそうで、その影響かどうかは分かりませんが、このクリスマスリザーブはフルーツケーキやリンゴ飴のような甘さと香りを含んでおり、味はオレンジのようなフルーティーな味わいにほんのりとしたジンジャーも感じられます。

つまり、普通のバランタインより甘めに仕上がっているということで、デザート酒として愉しむことができます。

クリスマスケーキにも合うのではないでしょうか。

さあ、今年のクリスマスは
スコッチで乾杯!
といきましょうか。

また、ボトルもクリスマス仕様で、ちょいとおしゃれになっているので、プレゼント用にもオススメです。

カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | ウィスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

やったー!退院だあ!

やっと、やっと、やっと「退院」できました。

これで文学青年とはおさらば。

元の呑兵衛なおっさんに戻れます。

とは言うものの、お酒に関してはリミッターがかけられた状態なんですけどね。

でも、めげずにこれからも飲んでいきますからね。
(少しだけですが)

ということで、

久々に家のパソコンから記事を書いています。

やっぱりパソコンの方が書きやすい。

さ〜て、復活第1弾はどのお酒から始めようかな。

とりあえず、お正月のお神酒として「越の寒梅」は確保されているので、
クリスマスに飲むお酒からにしようかななんて、
考えるだけでワクワクしてきます。



間もなく再会しますので今しばらくお待ちくださいね。



このカクテルで使う材料
ビーフィーター ジン 24 45度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。