カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年08月02日

真夏には真夏のジュースでタフに行こう「信州安曇野トマトジュース」

真夏のトマト100%(非濃縮還元)で食塩無添加のジュース。


信州 安曇野 トマトジュース (食塩無添加)


夏の野菜と言えばトマト!

と、私は思っています。

さらに、そのトマト、生のまま丸ごとガブリと食べるのが一番美味しいと思っています。

子供の頃、畑でもいだトマトをその場で食べたことを思い出します。

「あれは美味かったなぁ」と今でも思い出します。

そんなトマトをそのままジュースにしたのが「信州安曇野トマトジュース」。

トマト100%もちろん何も加えていない無添加で、濃縮還元もしていない搾りたてそのままのジュースです。

濃縮還元だと必要な原料果実を濃縮する工程を通さずに製造するため、熱による品質への影響が少ない。さらにこの商品は、ストレートジュースの中でも果汁が搾汁されると同時に製品化される「シーズンパック」。

なので、年に1度、トマトの旬の時季(つまり夏)にしか製造されないのです。

よくある少々どろりとしたトマトジュースではなく、さらりとしたさっぱり味のジュースです。

さあ、夏には夏のジュース!

飲んでみませんか。

ところで、トマトは野菜か果物か?

どちらだと思われますか?

この議論がアメリカで行われ、そして裁判までなっていましたとさ。

アメリカ人がそんな細かいことを気にするなんておかしいなと思って調べてみると・・・
(おおらかで大陸的な気性がアメリカ人の良いところだと思っていたのですが)

なんとお金の問題が絡んでいたのです。

アメリカでは、1883年にできた法律で輸入野菜には10%の税が課せられるが果物は無税だった。
というところから「トマトは野菜か果物か」の裁判になったようです。

判決は、
   植物学者は「果物」といい、農務省では「野菜」とみなし、
   裁判所では「トマトは食事中に食べられ、デザートとはならない」
   点から野菜だとしたそうです。
   しかし、判決の後も「トマトは果物である」と主張するグループが、
   この判決を不服とし、ついに、最高裁まで上告され、
   H. Gray 判事が「トマトは野菜である」と判決したのです。

やっぱりトマトは野菜だった!

暑いからと言って、ビールばかり飲んでいるあなた
たまにはトマトジュースで乾杯といきましょう。







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | ソフトドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする