カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年06月30日

伊達男の飲み物「ザ・ブールヴァーディエ」

「ザ・ブールヴァーディエ」 (The Boulevardier)レシピ

材料
  カンパリ・・・30 ml
  スイート・ベルモット・・・30 ml
  バーボン・ウイスキー・・・45 ml
  飾り:レモン・ピール

作り方
  1. 全ての材料をミキシング・グラスに入れ、ステアする。
  2. カクテル・グラスに注ぎ、ツイストしたレモン・ピールを飾る。


煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット


豊かな風味で、深い味わい。

カクテル名の「Boulevardier」は、直訳すると伊達男(遊び人の意味もあるらしい)。

ジンベースのスタンダードカクテル「ネグローニ」のウイスキー版ともいえるカクテルですが、
アメリカの禁酒法時代にパリへと移り住んでいたアメリカ人ライターの「アースキン・グウィン(Erskine Gwynne)氏」が創作し愛飲していたものでした。

非常に裕福だった彼はパリの社交界でも名がしれた存在で、このカクテルにもあたかも自分のことと思われる「The Boulevardier」(流行の場所に出入りする人、遊び人)と名付けたと言われています。

また、パリの月刊誌「Boulevardier」(1927〜1932)のライターでもあった彼が、その月刊誌の名前をとったからとも言われています。

その Boulevard(仏語読み:ブールバール、英語読み:ブールバード)ですが、街路樹や側道などを備えた広い道路で(なので、Boulevardierはその大通りを肩で風切って歩いている人という意味合い)、19世紀パリで構築されシャンゼリゼ通りを代表例とするスタイルを持った通りのことを指す言葉なのでそうです。(でもシャンゼリゼはアベニューなんだけどもね・・・ Avenue des Champs-Élysées)

元々Boulevardは城壁上の通路を指す語であったが、パリでルイ14世が城壁を壊して跡地を道路としたことから、大通りを意味するようになったのだそうです。


この記事のレシピはサントリーのカンパリ・カクテルを参考にしているので「レモンの皮を捻って、飾る」としていますが、海外のレシピを見てみるとオレンジ・ピールを使っている所もありますし、また、3種類のお酒の分量をそれぞれ1/3 づつとしている所もあります。


このカクテルはサントリーのカンパリをいろいろと紹介しているページからの抜き書き。

このページには他にもカンパリの飲み方がいろいろと書かれているので順次紹介していきたいと思います。

サントリーのカンパリ。ページはこちらですよ
http://www.suntory.co.jp/wnb/campari/cocktail/index.html

このカクテルで使う材料
カンパリ 25度


ノイリー・プラット スイートベルモット 16度


バーボン ウイスキー メーカーズマーク レッドトップ 45度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る


posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。