カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年03月27日

お花見にピッタリな桜のラベルのワイン「ファン・ヒル サクララベル」

スペインから日本への贈り物とも言える赤ワインです。



こんな美しい桜のラベルを満開の桜の下で開栓すれば、花見の席は薔薇色いや桜色に。

1916年にファン・ヒル・ヒメネスによって設立され、
4世代に渡ってワインを造り続けるフミーリャを代表するボデガ。
そのボデガの4代目ミゲル・ヒル氏はフミーリャの伝統を守る昔ながらのワイン・メーカーである一方、現代スペイン・ワインの立役者でもあります。

そのオーナー、ミゲル・ヒル氏はワシントンで初めて桜並木を歩いた時にその美しさに心から感動し、約100年前から所有しているファン・ヒルのブドウ畑が広がる丘の名前「Cerezo(クロス)」がスペイン語で桜の意味であることに深い縁を感じました。
そこで美しい桜に想いを馳せて造られたワインが「クアトロ・メセス SAKURA」。

ボデガは「ブレンド用とされていた品種モナストレルにこだわり、収量を下げ、クオリティ・ワインを造り出す」という信念を元にワインを作り続けており、高品質ワインを驚くべき価格で世に送り出していることで知られています。

なので、この「クアトロ・メセス SAKURA」も期待が持てます。

でも、ラベルか奇麗だからといって、花見に行かずラベルだけ見て飲もうなんてもったいないですよ。
美しい桜と美味しいワインを是非同時に味わってください。

でも、どうしても花見に行けないって方への贈り物にもいいかもしれませんね。

[ Juan Gil ] ファン・ヒル、4(クアトロ) メセス 2015 “サクララベル”  フミーリアDO ( 赤 ) 750ml/スペイン







人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする