カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年03月10日

あんず酒とはちょっと違う「アプリコット」

「アプリコット」(Apricot)レシピ

材料
  アプリコット・ブランデー・・・2/4
  ドライ・ジン・・・1 tsp.
  オレンジ・ジュース・・・1/4
  レモン・ジュース・・・1/4


作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。


煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット


一匙のジンが、フルーティーながらすっきりとした味わいに仕上げている。

「アプリコット」と言う名前でありながら、オレンジとレモンのジュースがたっぷりと入っていてとてもフルーティー、でも、やっぱり、アプリコットの味わいが嬉しいカクテルです。

アプリコット(和名:あんず)は学名をPrmus armeniaca(プラム アルメニア)と言い、アルメニアなどアジア西部原産と考えられて居たために命名されたようです。
現在では中国の山岳地帯が原産地ではないかと言われています。

中国では2000〜3000年前からアンズの栽培が行われていたようで、
当時は果物としてではなく生薬用の種子(杏仁)の採取が主で、中国最古の薬学書とされる「神農本草経」にも杏仁についての記述が見られます。

中国では桃・スモモ・棗・栗と合わせて五果と呼ばれ重宝されてきました。

アプリコットは中国から紀元前のうちにペルシアへと伝えられ、1世紀頃にはギリシアやローマにも伝播していたと考えられています。
そして、14世紀にイギリスへ、18世紀にはアメリカへ伝えられ、今ではアメリカのカリフォルニアが世界的な産地となっています。

中国や日本などで栽培されている東洋系品種は酸味が強いのですが、ヨーロッパへと伝わったものは品種改良が行われ、甘みの強い西洋系品種になっています。

日本に「あんず」が伝来した時期ははっきりとはしていないのですが、一説では梅とともに奈良時代に伝えられたのではないかと言われています。
平安時代に書かれた「本朝和名」や「倭名類聚鈔」に「加良毛毛(唐桃):カラモモ」書かれていることから900年頃には伝来いていたのではと考えられています。
また、カラモモではなく「あんず」という呼び名が文献に登場するのは1612年に記された林道春の「多識編」なのだそうですよ。

日本には漢方薬(生薬)として伝来し、長い間生薬として種子の中にある仁(杏仁:キョウニン)が利用されてきて、果物としては食べられていなかったようです。

果物として食べられ始めたのは1800年頃、江戸で「杏干」として販売されたものが初と言われています。

明治時代になると甘味の強いヨーロッパ品種が導入され、生食だけではなく、ドライ・フルーツやジャムなどに加工されるようになってきたのです。

家庭では、焼酎にあんずを漬け込んだ「あんず酒」を作ることもできますよ。

あんず酒は薬用酒として冷え性や虚弱体質の改善に良いと言われているので試してみては。

ところで、よくアーモンドの香りがすると言われているリキュール「アマレット」は、あんずの種が使われているのですよ。


このカクテルで使う材料
ボルス アプリコットブランデー 24度


ビーフィーター ジン40度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする