カクテル三昧 ー 酒の達人

2017年02月04日

花粉のないきれいな空気でお酒を愉しむ「空気清浄機」

花粉症の季節が始まる 酒を美味しく飲むには「空気清浄機」を使ってきれいな空気の中で。


パナソニック 加湿空気清浄機 ナノイーX・エコナビ搭載 ~40畳 木目調 F-VXM90-TM


花粉症の方にはつらい季節がやってきます。

花粉症に苦しんでいるままお酒を飲んでも美味しくありません。

そんな時には空気清浄機に頼ってみませんか。

私も、それほどひどくはないけれど花粉症持ち。

そのため家には空気清浄機が鎮座しています。

最近の空気清浄機は、埃や花粉だけではなく、PM2.5という超微細な粒子まで取ってくれます。

一度使い始めると手放せなくなります。

花粉症でお酒が美味しくないとお嘆きのあなた。

空気清浄機を使ってみませんか。

ということで、使うならばどのメーカーが良いのかというと。

我が家の空気清浄機はパナソニック製。

別に不満に感じるところはありません。

なので、冒頭の写真はパナソニックの空気清浄機です。

でも、何が何でもパナソニック製をお勧めする訳ではありません。

PM2.5 に対応している機種なら花粉なんて簡単に取り除いてくれるので、メーカーにこだわる必要はあまりないと言えます。

こだわるべきところは能力、つまりどれくらいの広さまで対応しているかというところ。
空気清浄適用床面積とも言うものですね。

冒頭の写真の空気清浄機は、
   空気清浄適用床面積の目安が:〜40畳(〜66m2)
   清浄時間の目安が:8畳のお部屋を約7分で清浄
となっているので、6畳の部屋ならもっと小さいもので大丈夫。
使う場所の広さに応じたもので良いでしょう。

消費電力はわずかなので、一日中つけっぱなしでも電気代はあまり気になりません。

冒頭の写真の空気清浄機は、
   消費電力が[静音]で5.5 W
   1時間あたりの電気代目安が(約)[静音]で0.1 円
ということなので、一日の電気代約2.4円で花粉症が楽になるのなら、お安いものです。

忘れちゃいけないのが静音運転ができること。

運転音がうるさいと一日中付けっぱなしなんてできませんからね。

冒頭の写真の空気清浄機は、
   運転音が[静音]で18 dB

静かだと思われている図書館でも30dB程度の音がしているそうなので、運転音が20dB程度以下ならほぼ気になることはありません。

さあ、空気清浄機できれいになった空気の中で、美味しいお酒を愉しみましょう。

パナソニック 加湿空気清浄機 ナノイーX・エコナビ搭載 ~40畳 木目調 F-VXM90-TM

パナソニック 加湿空気清浄機 ナノイー・エコナビ搭載 ~25畳 ホワイト F-VXM55-W


美しい空気に、美味しいカクテルを。
カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする