カクテル三昧 ー 酒の達人

2016年12月31日

地元でないと大晦日には飲めないかな「大晦日生しぼり 飛騨古川 渡辺酒造」

大みそかの早朝に搾ったお酒を、そのままびん詰めして、即日出荷する「大晦日生しぼり 飛騨古川 渡辺酒造」。

oomisoka_namasibori.jpg


岐阜県飛騨市古川町にある渡辺酒造では、大みそかの早朝に搾ったお酒をそのままびん詰めして、即日出荷しています。

地元に住んでいる方なら、除夜の鐘を聴きながら搾りたてのお酒を飲むことができます。

地元以外の方も、即日出荷なので、元旦には搾りたてのお酒をいただくことができるのです。

720ml×2本のセットで、
価格は4,500円(全国一律送料込)
限定500セット!

申込〆切日が12月20日なので、もう間に合いませんが、年末になると気になるお酒です。

その渡辺酒造のある飛騨市古川町。
作家の司馬 遼太郎 氏が、著書「街道をゆく」でこのように語っています。
   「飛騨古川の町並には、みごとなほど、気品と古格がある。
    観光化されていないだけに、取りつくろわぬ容儀や表情、
    あるいは人格をさえ感じさせる。」

実は私、その飛騨古川へは行ったことがあるのです。
勿論、渡辺酒造にも足を運びましたよ。

美味しいところというか好いところでしたね。
司馬 遼太郎 氏の言われるように、「観光化されていない」という感じが、隣町とも言える飛騨高山と比較すれば言えますね。(高山は観光客が多勢詰めかけていますから)

もっとも、最近は、映画「君の名は。」で有名になってしまい、聖地巡礼の方達が多く訪れているようですが。

もし、観光などで飛騨高山へ行かれることがあれば、ほんの少し足を伸ばして飛騨古川へも行ってみてください。
   JR高山本線で高山駅から、上枝駅、飛騨国府駅、を経由して飛騨古川駅まで13分で着きます。

飛騨古川へ行ったなら渡辺酒造の登録有形文化財に登録されている歴史ある建物を探してみてください。
watanabe_shuzou1.png



清酒もいいけど、カクテルもね。
カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

モ〜ゥ美味すぎる「ミルク焼酎」

「ミルク焼酎」レシピ

材料
  芋焼酎・・・3/5
  牛乳・・・2/5

作り方
  1. 氷を入れたタンブラーに焼酎を注ぐ。
  2. 牛乳で満たし、ステアする。


スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

牛乳なんだけど、焼酎の味わいが。

えっ1と思える組み合わせのカクテルです。

焼酎のミルク割りですよ!

カルーア・ミルクなら知っているけれど、焼酎ミルクって何?

って言う方も多いでしょうね。

でも、愛好者いや愛飲者は思いのほか多いのです。

どうやらクセになるらしいので、覚悟して飲んでください。

注意するところは、美味しい牛乳を使うこと。

そうです、牛乳が決め手なんです。

そして、焼酎は芋。

最初は米焼酎や麦焼酎でもいいけれど、慣れてきたら芋焼酎をオススメします。

焼酎と牛乳の割合も、
牛乳が好きな方は最初は牛乳多めで、
焼酎が好きな方は焼酎多めで、
まずは試してみてください。
飲み進むうち自分の好きな割合が決まってくると思います。


牛乳を飲むとお腹が・・・
という方も、
ミルク焼酎なら全然問題なし、
という経験者もいるようなので
試してみてはいかが。


ところで、牛乳を飲むことによる健康への影響ですが、
飲んだ方が良い、いや飲まない方が良い、
と賛否両論があるようです。

なので、良い方の調査結果を一つ。
   東京の小金井市で70歳以上の男女に
   「毎日飲む」「時々飲む、または飲まない」という
   グループに分けて10年間の生存率を調べたところ
   長生きするのは男女ともに
   毎日飲むグループであったということが
   結果として報告されています。
   (東京都老人総合研究所の疫学調査です)

とは言うものの、
どんなものでも、飲み過ぎは身体に良くないので、
そこのところは注意してくださいね。

あっ、牛乳だけじゃなく、お酒もね。


このカクテルで使う材料
芋焼酎 さつま司 25度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

トマトと芋の出会い「芋ディメアリー」

「芋ディメアリー」レシピ

材料
  芋焼酎・・・70 ml
  トマト・ジュース・・・70 ml
  レモン・ジュース・・・5 ml

作り方
  1. 氷を入れたタンブラーに焼酎を注ぐ。
  2. トマト・ジュースとレモン・ジュースを注ぎ、ステアする。


スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

芋とトマトがお互いを引き立て合う美味しい関係。


このカクテルはアサヒビールさんのお勧めカクテルの一つなのです。

アサヒビール「つくってみた!」シリーズ第3弾
<芋焼酎でつくるカクテル対決>
で紹介されていますので、是非そちらをご覧ください。

で、中身はというと、
ブラッディ・メアリーのウオッカを芋焼酎に替えたカクテルなのです。

そして、使用する芋焼酎は勿論アサヒグループで扱っている「さつま司」。

アサヒさんの宣伝をする訳ではないのですが、
呑兵衛としては美味しいカクテルを見逃すわけにはいかず、
紹介させていただきました。

アサヒさんに限らず、お酒のメーカーでは自社のお酒を使った美味しい飲み方をいろいろと提案してくれていますので、これからも美味しそうなものを見つけた時には紹介していきたいと思います。

そう、美味しければいいのです。
たとえどのメーカーであれ。

でも、飲み過ぎは身体に良くないので、
そこのところは注意してくださいね。


このカクテルで使う材料
芋焼酎 さつま司 25度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

ワインのようでワインでない「焼酎の葡萄ジュース割り」

「焼酎の葡萄ジュース割り」レシピ

材料
  焼酎・・・30 ml
  葡萄ジュース・・・90 ml

作り方
  1. 氷を入れたタンブラーに焼酎を注ぐ。
  2. 葡萄ジュースで満たし、ステアする。


スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

葡萄の渋みや酸味が抑えられ、まろやかな味わいとスッキリとした後味。

生の葡萄があれば、葡萄ジュースの替わりに、葡萄を皮ごとミキサーにかけて使用すれば、それはもう美味しいの一言。
ついでに、グラスにも葡萄を飾りましょう。

ワインとは違う、ジュースのような美味しさです。

いや、葡萄ジュースを使うので、ジュースのような感じがするのは当たり前。

本当に美味しくて飲みやすいカクテルです。

なので、
レディー・キーラのようには使わないこと。

ちゃんと守ってくださいね。

本当に、本当に、
美味しくて、美味しくって、
飲み過ぎてしまいますから。

でも、ワインのつもりで飲むと、ちょっと物足りなくなるかもしれません。
特にヘヴィーなワインの好きな方にはね。

でも、これはワインではありません。

「焼酎の葡萄ジュース割り」なので、
そこのとこよろしく。


このカクテルで使う材料
高橋酒造 待宵 米 28度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

コーヒーの香りに魅せられる「焼酎のコーヒー割り」

「焼酎のコーヒー割り」レシピ

材料
  焼酎・・・30 ml
  コーヒー・・・90 ml

作り方
  1. 氷を入れたタンブラーに焼酎を注ぐ。
  2. コーヒーで満たし、ステアする。


スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

コーヒーの香りに包まれるような飲み心地。

コンビニでも美味しいコーヒーが飲める日本。

その美味しいコーヒーと焼酎を合わせてしまおうというカクテルです。

てか、もう日本中で飲まれていると思われる「焼酎のコーヒー割り」です。

全日本コーヒー協会の調査では、
コーヒーが一番飲まれている場所は、
1人1週間あたり6.9杯を飲んでいるという家庭で、
二番目は
2.6杯で職場あるいは学校なのだそうです。

もうお茶のように飲まれていると言っても良い感じですね。

そんな状況なので「焼酎のコーヒー割り」が普通に飲まれるようになるのもうなづけます。

沖縄では「泡盛のコーヒー割り」とか「泡盛コーヒー」などが一般的に存在しているようですよ。

   泡盛コーヒーというのは、
   泡盛をベースにコーヒーや
   黒糖などを用いて造られた
   リキュールのこと。


コーヒー好きの日本人が愉しんでいる「焼酎のコーヒー割り」、
あなたも試してみませんか。


このカクテルで使う材料
高橋酒造 待宵 米 28度



カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村


高血圧とお酒

  血圧が高い人はお酒をやめるべきか!
  こたえは、適量なら問題なし!

  アルコールは少し飲むと、
  気分がゆったりとなりリラックスできたり、
  血管が拡張されて血圧が下がる効果もあります。
  でも、飲み過ぎは高血圧を発症させ、
  中性脂肪を増加させ、
  さらには動脈硬化をも進行させる可能性があります。

やはり、お酒は百薬の長なのですね。
適量を守って、楽しくお酒を飲んでください。

では、今現在「高血圧」の方。
クスリに頼らずに血圧を下げる方法があります。

それは、
高血圧下げる「福辻式」


  1日5分程度のストレッチを行うだけという簡単な方法です。
  
  鍼灸治療院の先生が、多勢の患者さんを見てきた経験から
  導きだされた方法なので、実効性は証明されています。
  (全ての人にとはいかないでしょうけど、
   多勢の方に効果があったということです)
 
  DVDを見ながらストレッチを行うだけです。
  でも、ちゃんと行わないと効き目はありませんよ。
  見るだけでは駄目です。

  クスリに頼らずに高血圧を治したい方、試してみませんか。

購入はこちらから→
高血圧下げる「福辻式」


美味いお酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
手軽によい音で音楽を楽しむため、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。
ここを参考に、音楽を楽しんで聴いていただければと思います。


トップへ戻る
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする