カクテル三昧 ー 酒の達人

2012年10月10日

「枯葉」を唄いながら「パリジャン」を飲む

シャンソンの「枯葉」とカクテルの「パリジャン」
  パリの秋空に染み渡る



パリジャン

材料
ドライ・ジン・・・3/6
ドライ・ベルモット・・・2/6
クレーム・ド・カシス・・・1/6


作り方
1. ミキシング・グラスに全部の材料を入れる。
2. 氷を衣良、静かにステアする。
3. ストレーナーをかぶせ、カクテル・グラスに注ぐ。


おしゃれなパリジャンのごとく、豊かな香りと濃厚でやや甘口な味。
食前酒として飲まれることが多いようです。

秋の夜長にイヴ・モンタンの「枯葉」でも流しながら飲めば、気分は、パリはシャンゼリゼのカフェで、通りを眺める客というところ。
フランク・シナトラでは、いくら「枯葉」でもパリの気分は出ないでしょう。(英語で歌っているもんね)


このカクテルで使う材料(写真はAmazonの商品ページにリンクしています)
 ドライ・ジン     ドライ・ベルモット     クレーム・ド・カシス
(種類は豊富なので  (やはり チンザノ でしょう) (今回は フランス産 ルジェ で)
  とりあえずの1本)          







うまい酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
音楽と言っても安っぽい音では興ざめです、かといって高級オーディオ装置を揃えるくらいなら「もっと酒を」とか思ってしまうので、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。最新記事では、電源について書いています。

また、お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。興味があれば覗いてみてください。(二日酔いには水を飲むのが一番手っ取り早い対処方法だと思います)



このブログを読んでいただいている方は、お酒好きだと思います。
そんなあなた!ついつい飲み過ぎてしまうことってありませんか?
そんなときには「ウコン」がよく効きます。(実感しています)
私は、普段ウコンのドリンクを飲んでいるのですが(大体がコンビニで買ってその場で飲んでいるのですが)、最近は錠剤も簡単に手に入るようになりました。
鞄にひょいと入れておくことも出来るので、ドリンクよりも手軽です。
一度試されてはどうでしょうか。
通常ウコンの約30倍の吸収率を可能にしたセラクルミン配合ウコン→ウコン番長



カクテルよりワインが好き、という方はこちらから探してみてください。
 →★ドンペリロゼに勝ったワイン★ 
京橋ワインリカーショップ

ドンペリに勝ったとは、『TV朝日の番組「人気者でいこう」のワンコーナー、「どっちが○○?」というブラインド試飲で 二つのグラスにそれぞれ違うロゼ・スパークリングを注ぎ、どちらがドンペリ・ロゼかを当てるというアレ。そこで、5人の出演者のうち、3人が「こっちがドンペリ」と指したロゼが、なんとドンペリではなく、カヴァでした!』ということです。
ここに出てきたカヴァは、「ロジャー・グラート」という銘柄なんですが、確かに美味しい。私も贈り物にしたりしています。
ボトルはこんな感じです→
(Amazonにリンクしています)



人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村




posted by 音吉 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする