カクテル三昧 ー 酒の達人

2012年10月09日

元々は薬用酒だった「ジン・アンド・ビターズ」

イギリス海軍の将校たちが食前酒として愛飲していた「ジン・アンド・ビターズ」


ジン・アンド・ビターズ

材料
ジン・・・30ml
アロマチック・ビターズ・・・1 dash


作り方
1. リキュール・グラスにビターズを振り入れ、グラスを回転させながら、内側を隈なくコーティングする。
2. グラスの底にたまった、余分なビターズを捨てる。
3. ジンを注ぐ。


ほとんどジンだけの中に、ビターズの苦みと香りが加わり、まさに男性的な辛口カクテル。

出来上がりの色から、「ピンク・ジン」と呼ばれることもあります。
また、オン・ザ・ロックで作られることもあります。

なので、バーで注文する時には、自分の好みをはっきりと伝えましょう。
(「ジン・アンド・ビターズをオン・ザ・ロックで」とかね)

おうちカクテルする際には、ジンは冷凍庫に入れてキンキンに冷やしておいた方が美味しくできます。
また、使用するグラスに合わせて、ジンとビターズの量は加減して作りましょう。

ジンの起源は、1660年にオランダのライデン大学の医学部教授、フランシスクス・シルヴィウス博士が作った解熱・利尿用薬用酒、ジュニエーヴェル・ワイン であり、そのためジンが薬用酒として使われていた時期があったそうです。
「ジン・アンド・ビターズ」は、そんなジンにビターズを加えることにより、ジン独特の癖(特に香り)を和らげたものです。



このカクテルで使う材料(写真はAmazonの商品ページにリンクしています)
 ジン          アロマチック・ビターズ
(種類は豊富なので     (小さなボトルで十分です)
  とりあえずの1本)          
 





うまい酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
音楽と言っても安っぽい音では興ざめです、かといって高級オーディオ装置を揃えるくらいなら「もっと酒を」とか思ってしまうので、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。最新記事では、電源について書いています。

また、お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。興味があれば覗いてみてください。(二日酔いには水を飲むのが一番手っ取り早い対処方法だと思います)



このブログを読んでいただいている方は、お酒好きだと思います。
そんなあなた!ついつい飲み過ぎてしまうことってありませんか?
そんなときには「ウコン」がよく効きます。(実感しています)
私は、普段ウコンのドリンクを飲んでいるのですが(大体がコンビニで買ってその場で飲んでいるのですが)、最近は錠剤も簡単に手に入るようになりました。
鞄にひょいと入れておくことも出来るので、ドリンクよりも手軽です。
一度試されてはどうでしょうか。
通常ウコンの約30倍の吸収率を可能にしたセラクルミン配合ウコン→ウコン番長



カクテルよりワインが好き、という方はこちらから探してみてください。
 →★ドンペリロゼに勝ったワイン★ 
京橋ワインリカーショップ

ドンペリに勝ったとは、『TV朝日の番組「人気者でいこう」のワンコーナー、「どっちが○○?」というブラインド試飲で 二つのグラスにそれぞれ違うロゼ・スパークリングを注ぎ、どちらがドンペリ・ロゼかを当てるというアレ。そこで、5人の出演者のうち、3人が「こっちがドンペリ」と指したロゼが、なんとドンペリではなく、カヴァでした!』ということです。
ここに出てきたカヴァは、「ロジャー・グラート」という銘柄なんですが、確かに美味しい。私も贈り物にしたりしています。
ボトルはこんな感じです→
(Amazonにリンクしています)



人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村






posted by 音吉 at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。