カクテル三昧 ー 酒の達人

2012年08月17日

映画の題名がついたカクテル「フレンチ・コネクション」

1971年に公開されたアメリカ映画、ジーン・ハックマン主演の「フレンチ・コネクション」にちなんで命名されたカクテル。


フレンチ・コネクション
材料
ブランデー・・・45ml
アマレット・・・15ml

作り方
1. 氷を入れたオールドファッションドグラスにブランデー、アマレットの順に注ぐ。
2. 軽くステアする。


「フレンチ・コネクション」とは、フランスの港町マルセイユとアメリカのニューヨークを結ぶ、麻薬の密輸ルートのことを言う。
アマレットとブランデーの香りがミックスされて麻薬のように酔わせてくれる。

このアマレットはイタリア生まれのリキュールで、杏の種子(核)で作られているがアーモンドの風味がする、おいしいお酒です。ストレートでもOKですので、是非一度味わってみてください。
ちなみに代表的な銘柄は「アマレット・ディ・サローノ」、少しだけ試してみたい場合はベビーボトルのディサローノ アマレット ベビー 200mlがお薦めです。




ちなみに、ウィスキーとアマレットの組み合わせなら「ゴッドファーザー」、ウォッカとアマレットなら「ゴッドマザー」というカクテルになる。いずれアマレットが決め手の名作カクテルです。




”麻薬よりビール”、”とりあえずビール”、”夏はカクテルよりビール”といいながら、ビールも飽きてきた、ビール以外でキンキンに冷えた缶でごくごく飲みたい、という方は、缶入りのスパークリングワインを試してみてはいかがでしょうか。(ビールよりアルコール度数は高いので飲み過ぎに注意)

バロークス(Barokes) スパークリング缶ワイン 赤 250ml×24本



バロークス(Barokes) スパークリング缶ワイン 白 250ml×24本



バロークス(Barokes) スパークリング缶ワイン ロゼ 250ml×24本






缶よりボトルならこちらから探してみては。(私はワインはボトル派です・・・というより缶入りは飲んだことがない)









うまい酒を飲むときには良い音楽が流れていてほしい、と思いませんか。
音楽と言っても安っぽい音では興ざめです、かといって高級オーディオ装置を揃えるくらいなら「もっと酒を」とか思ってしまうので、こんなブログ「手軽に良い音で音楽を聞こう」を書いています。

また、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」も立ち上げました。興味があれば覗いてみてください。







posted by 音吉 at 13:50 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。