カクテル三昧 ー 酒の達人

2012年07月31日

カクテルのガイド本

多種多様にあるカクテルに関する書籍の中からこれはというものを探してみました。

まあ本屋に行って、ぱらぱらと立ち読みの上、分かりやすい本を選べばよいのですが、何も手がかりがなければということで、数種類の代表的なものをリストアップ。

まずはこれ!
家飲みカクテルを作るならこれを置いてほかにはないでしょう。

「日曜日の遊び方―福西英三の超カクテル講座 シェーカーいらずの痛快レシピ」

シェーカーなしでカクテルを楽しむためにはこれが最適です。でも古本でしか手に入りません。


きちっとしたレシピ集が欲しいというならこれです。
  
日本カクテル協会のオフィシャルブックです。新版にはDVDがついているようです。


古典的な本が欲しい場合はこれ。

1920年代から30年代にかけてロンドンの名門ホテル「ザ・サヴォイ」の名バーテンダー、ハリー・クラドックが1930年に著したロングセラー本。800種以上のカクテル・レシピが紹介されている(ただしABC順で)。
ロングセラーといっても現在販売されているのは復刻版です。


ハンドブックとして手元に置くならばこれでしょう。

レシピとしては多く載せてはいませんが、プロの知識と技術を書いてくれています。


このほかイラスト入りのものやら、「入門」とうたっているものやらいろいろとあります。
自分にあったものを探す場合は、やはり立ち読みでしょう。





posted by 音吉 at 11:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。