カクテル三昧 ー 酒の達人

2012年07月27日

暑さを忘れるカクテル


暑い町で飲まれていた、暑さを忘れるカクテルを一つ

その名は「フローズン・ダイキリ」。
南の国キューバの首都ハバナで生まれた、正真正銘の南国生まれ、南国育ちのカクテル。
かの文豪ヘミングウェイも愛飲していたといわれるこのカクテルをきっかけに、いろいろなフローズンタイプのカクテルができた。


フローズン・ダイキリ
材料
ホワイト・ラム・・・2/3
ライム・ジュース・・・1/3
グレナデン・シロップ・・・2 tsp.

作り方
1. ホワイト・ラム、ライム・ジュース、グレナデン・シロップを氷とミキサーに入れる。
2. シャーベット状になるまでミキサーで撹拌する。
3. シャンパングラスに入れ、ストロー2本を添える。
    (グレナデンシロップの代わりに砂糖を使用すると出来上がりに色がつかない)


1950年代以降、ミキサー(ブレンダー)の誕生により、ミキサーで作る“フローズンスタイル”のカクテルが、カクテルの歴史の中に新しい味わいを生み出した。

ダイキリ以外でフローズンで有名なカクテルはフローズン・マルガリータですが、あなたも自分の好みのフローズンカクテルを作ってみませんか。


バー用のブレンダーがあれば
フローズンスタイルも簡単。
(家庭用のミキサーでもできるはず)


ラムといえばバカルディ   バカルディには限定品も
     






posted by 音吉 at 18:52 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。