カクテル三昧 ー 酒の達人

2012年07月22日

ゴッドファーザーとラスティネイル

ウイスキーベースのカクテルで、私の好きなゴッドファーザーのレシピと、ラスティ ネイルのレシピ

ゴッドファーザー
材料
ウイスキー・・・3/4
アマレット・・・1/4


作り方
1. 氷を入れたオールドファッショングラスにウイスキーとアマレットを注ぎ、軽くかき混ぜる(ステアする)。
  (氷を後から入れてステアしてもよい)

使用するウイスキーはスコッチにしましょう


1972年公開の映画「ゴッドファーザー」と同名のカクテル。
映画はアメリカのイタリア人社会を描いており、そのイタリアを代表するリキュールのひとつがアマレット。

アマレット(Amaretto)とは、アーモンドのような香りを持つリキュール。
香りがアーモンドに似ているが、原料にアーモンドを使用している訳ではなく、アンズの核を使用している。
Amarettoとはイタリア語で「すこし苦いもの」という意味。

このアマレットと似たようなカクテルで「ラスティ ネイル」というものがありますが、私はアマレットが好きです。
カクテル_1.jpg
でも参考のためラスティ ネイルのレシピも書いておきましょう。

ラスティ ネイル
材料
ウイスキー・・・1/2
ドランブイ・・・1/2
     下記の分量にすることもある(こちらの方が甘みが抑えられて美味しいかな?)
     ウイスキー・・・2/3
     ドランブイ・・・1/3


作り方
1. 氷を入れたオールドファッショングラスにウイスキーとアマレットを注ぎ、軽くかき混ぜる(ステアする)。
  (氷を後から入れてステアしてもよい)


「ラスティ・ネール」(Rusty Nail)とは直訳すると“錆びた釘”のこと。
俗語では“古めかしい飲み物”という意味もあるが、実際は、第2次世界大戦後に生まれベトナム戦争の頃に広まった比較的新しいカクテル。
使用しているドランブイ(Drambuie)がスコッチウイスキーをベースにしたハニーリキュールのためウイスキーはスコッチにしましょう。

ドランブイ(Drambuie)とは、スコットランドのスチュアート王家に代々伝わる門外不出の秘酒であったが、
(1745年から1746年頃)王位継承権の争奪戦に破れたチャールズ・エドワード・ステュアートが、スコットランドのスカイ島への逃走した。
ここでチャールズの首には多額の賞金がかけられたのにも関わらず、チャールズは無事にフランスへの亡命に成功した。
その際、彼を護衛していたハイランドの士ジョン・マッキノン(John Mackinnon)に(マッキノン一族に)、その忠誠を讃えて王家秘伝の酒の製法が授けられた。
それによりこの秘酒が一般に流通するようになった。(ドランブイが市販されたのは1906年のこと)

ジンベース、ウイスキーベースとカクテルのレシピを紹介してきましたが、この二つの酒をベースにしたものにカクテルの王様といえるものがありますので、次回はその話しを。






posted by 音吉 at 08:14 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。