カクテル三昧 ー 酒の達人

2012年07月21日

ジントニックとジンリッキー

前回紹介したジントニックとジンリッキーのレシピです。
暑い夏にもピッタリ、一度お試しを。

どちらもジンベースのカクテルですが、ジンそのものの話しは別の機会に。


ジントニック
材料
ジン・・・1/4
トニックウォーター・・・3/4
ライム・・・1/6個

作り方
1. 氷を入れたタンブラーに注ぎ、軽くかき混ぜる。
2. ライム絞り、果汁を入れる。(絞ったライムはグラスの中に)
・・・ライムを絞らずにグラスの縁に飾ることもある
3. トニックウォーターでグラスを満たして、ステアする。
・・・ステアは炭酸を逃がさないように1回だけに

ライムが飾られている場合は、自分の好みでライムを絞りいれる。

ジンをベースにしたカクテルの中で、最もポピュラーと言ってよいでしょう。
昔イギリスの植民地で、健康飲料として飲まれていたトニックウォーターに、
ジンを入れてみたら驚くほど美味しかったというのがジントニックの誕生秘話?だそうです。
世界中で人気があるカクテルで、飛行機の中でも供されています。
シンプルなレシピだけに、バーやバーテンダーによって微妙に味が異なる、
  ---ジンの銘柄は?トニックの銘柄は?ライムは最初から絞り入れるのか後からか?
こだわりどころ満載のカクテルである。
(私としては必ずライムを使ってほしい。レモンは願い下げ)


yururin-san.gif


ジンリッキー
材料
ジン・・・45ml
ソーダ・・・適量
ライム・・・1/2個

作り方
1. グラスの上でライムを絞り、グラスの中に落とす。
2. 氷とビーフィーター ジンを入れ、ソーダで満たす。
3. マドラーを添える。

好みに応じてマドラーでライムをつぶして飲む。

ジントニックよりも辛口のカクテル。(このスキッとしたところが好きなんです)
生のライムを絞ることで、さっぱりとした風味が生み出されているので、ライムジュースは使用しない(で欲しい)。
ジンリッキーの“リッキー”とは、スピリッツ(ジンやウォッカなどの蒸留酒)にライムまたはレモンの実を絞り
ソーダを加えてつくるカクテルのスタイルのことで、飲み手が、マドラーで好みの味加減にライムをつぶして楽しむ。
19世紀末に、アメリカのワシントンD.C.の「シューメーカー」というレストランで創作されたもので、
初めて飲んだ客のカーネル・ジム・リッキー氏にちなんで名づけられた。





posted by 音吉 at 09:47 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。