カクテル三昧 ー 酒の達人

2018年01月17日

Aクラスの1番ってことは最高級ってことかな「エーワン」

「エーワン」 (A1)レシピ

材料
  ドライ・ジン・・・2/3
  グラン・マルニエ(オレンジ・キュラソー)・・・1/3
  レモン・ジュース・・・1 dash
  グレナデン・シロップ・・・1 dash

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

オレンジの香りが際立つ、甘くて強いカクテル。

かなり古くからあるカクテルで、W.J. Tarlingの1937年のカフェ・ロイヤル・カクテル・ブックでは、このカクテルに「Albertによって発明された」という表記が付いています。

そして、カクテル名の「エーワン」 (A1)は、最高級であり先頭に立つという意味合いが込められたものだそうです。

「エーワン」 (A1)元は、第一級の船舶を指す言葉でもあり、かつてのクイーン・エリザベス号もそう呼ばれていたそうです。

頃は18世紀後半、商人や海上保険の業者など、船舶関連業務に従事する人達はロンドンにあるエドワード・ロイド(Edward Lloyd)の喫茶店にしばしば集まっていて、1760年に、この喫茶店に集まっていた人々が、世界で最初の船級協会で、後にロイド船級協会(en:Lloyd's Register)となった船舶登録協会を設立したのです。
協会の目的は、保険の対象となる船舶とその装備品を検査する独立機関となることであった。
その頃、毎年各船舶の状態を分類(classify)する試みがあり、建造時の状態やその後の継続的な健全性の判定に基づき、船の状態をA、E、I、O、Uの順番で分類したそうです。またその装備品はG、M、Bの順で、good、middling、badと分類された。
後にG、M、Bの分類は1、2、3に変わり、「A1」という言葉が「最上級の」という意味を表す語源となったのだそうですよ。

少し甘いためレモン・ジュースでバランスをとっているようです。
なので、このレモン・ジュースの分量を加減してみれば、味わいの多少の変化を付けることができそうですよ。
(ご自分で作ってみようと思われた時の参考にね)

このカクテルで使う材料
ビーフィーター ジン40度


グラン マルニエ コルドン ルージュ 40度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

マティーニっぽいんだけどね「アライズ」

「アライズ」 (Allies)レシピ

材料
  ドライ・ジン・・・4/6
  ドライ・ベルモット・・・1/6
  スイート・ベルモット・・・1/6
  キュンメル・・・2 dashes

作り方
  1. 全ての材料をミキシング・グラスに入れ、ステアする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

レシピを見る限りマティーニの亜流て感じかな。

今回のレシピにあるキュンメルというリキュールは、キャラウェイ(ひめういきょう)をベースに、アニスやクミン、レモンピールなどで香り付けした、無色透明の甘い薬草系リキュールのことです。

入っている量が 2 dashes(二振り)なのであまり存在感はありませんが、豊かな香りが自慢(薬草系のリキュールは皆、香りが豊かというか独特なのは当たりまえとも言えますが)のリキュールなので入っていることは十分にわかります。

ということで、このキュンメルの存在がマティーニとは違うということになるのでしょう。

このカクテルで使う材料
ビーフィーター ジン40度


ノイリー・プラット スイートベルモット 16度
3F_ex%3D128x128&s=128x128&t=pict" border="0" style="margin:2px" alt="" title="">

ノイリー プラット ドライ・ベルモット 18度


オルデスローエ キュンメル 32度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

食前酒って名前だけれどいつでも飲めるよ「アペタイザー」

「アペタイザー」 (Appetizer)レシピ

材料
  ドライ・ジン・・・2/4
  デュボネ・・・1/4
  オレンジ・ジュース・・・1/4

作り方
  1. 全ての材料をシェイカーに入れ、シェイクする。
  2. カクテル・グラスに注ぐ。

煌めきのグラスで飲んでください。

スワロフスキー カクテルグラス2ピースセット

少し甘口で、フルーティーさがあり飲みやすい。

カクテル名の「アペタイザー」は本来「食前酒」とか「前菜」などという意味で、まさしく食事の最初に飲んだり食べたりするもののことを指しています。

で、このカクテルはその名前の通り「食前酒」として最適なものになっています。

とは言うものの、やはり個人差と言うか好みというものがあって「食前酒にはこれ」というものが人それぞれあるように思います。

私なんぞは飲めれば何でも飲む!の方ですが、それでも甘過ぎるお酒は食前酒には今一かな。
なんて思っていますが。

ということで、この「アペタイザー」も食前に限らず、いつでもお好きな時に飲まれれば良いのかな。

なんて思います。

このカクテルで使う材料
ビーフィーター ジン40度


デュボネ ルージュ 14.8度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

すっきりフルーティーな「赤ワイン&紅茶カクテル」

「赤ワイン&紅茶カクテル」 (Red wine & Tea Coctail)レシピ

材料
  赤ワイン・・・65 ml
  アイス・ティー・・・60 ml
  ホワイト・キュラソー・・・・20 ml
  レモン・ジュース・・・5 ml

作り方
  1. 氷を入れたタンブラーにアイス・ティー、ホワイト・キュラソー、レモン・ジュースを入れる。
  2. ステアした後、赤ワインをフロートする。

スッキリとした感じのグラスで飲んでください。

カガミクリスタル・ハイボールグラス(T725-2665)

フルーティーですっきりとした味わい。

このカクテルは冷やした紅茶と赤ワインが主役。

しかも赤ワインは混ぜるのではなく、他のものを混ぜたあと、上に浮かべるようにそっと注ぐところがポイント。

飲む時には、そのまま飲んだり、軽くかき混ぜて飲んだりと、好みに合わせて飲めばOK。

冬になるとホット・カクテルが幅を利かせてきますが、やはりキュッと冷えたものが飲みたい時にどうぞ。

このカクテルで使う材料
サンタ・ヘレナ・アルパカ カルメネール


ボルス トリプルセック 38度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

疲れた身体を温かく癒してくれる「チェリー・ブランデー・ティー」

「チェリー・ブランデー・ティー」(Cherry Brandy Tea)レシピ

材料
  紅茶・・・1 cup
  チェリー・ブランデー・・・2 tsp.
  ドライ・カモマイル・・・ひと摘み
  マラスキーノ・チェリー・・・1 個
  グラニュー糖・・・1 tsp.

作り方
  1. 温めたカップにチェリー・ブランデーとチェリーを入れ、上からグラニュー糖をふりかける。
  2. ポットで紅茶を淹れる(この時にカモマイルも一緒にカップへ入れておく)。
  3. 出来上がった紅茶をカップに注ぐ。

古伊万里の紅茶セットでどうぞ。

西海陶器 古伊万里金彩 ティーセット 11485

紅茶の香りとチェリーの香りが、甘く温かく味わえる。

寒い夜には温かくて香り高い飲み物が似合います。

今日から仕事始めの方、久々のお仕事の疲れを癒すのにも最適ですよ。

準備が面倒だと思われる方、
カップに注いだ紅茶に直接チェリー・ブランデーを注ぎ入れるだけでも充分に愉しめます。

さあ、疲れた身体を癒しましょう。

このカクテルで使う材料
ボルス チェリーブランデー 24度


カクテルの作り方を動画で見ることの出来るサイトを公開しています。(→こちらから見れます)
カクテルを作ってみたい、カクテルを楽しみたいと思われた場合の参考にしてください。








人気ブログランキングに参加しました。
このカクテル飲みたいと思われたら 1クリックお願いします。
にほんブログ村 酒ブログへ
       にほんブログ村
posted by 音吉 at 20:00 | Comment(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする